FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
メデューサ先生意外にあっさりと思惑を語ってくれました。こういうところが大好きです。実際問題として、シュタインにあそこまで見破られている状態で妙に引っ張るのは無理が来るのはあきらかで、引っ張ったとしてもあと少しが適切なところでしょう。それを勿体ぶらずにネタ出ししてくれる辺りがこの作品の大きな魅力であり、設定の深さを表すものかなという気がします。

引っ掛かるのは、シュタインがあそこまで気づいていたのに、あっさりと敵の思惑に填ってしまっているというという部分でしょうか。メデューサ先生が魔女だと判っていたなら、もう少し手の打ちようがあったんじゃないかという気がしないでもありません。

さらに死武専にしても、あの程度の数の魔女で落とされるのだとしたら、すでに危機的状況に何度となく陥っていたとしても不思議じゃないと思うんですが、その辺のアンバランス感がどうしても拭えません。ついでにもう一つ、シドの機転というなら、死神様を逃がせば万事うまくいくという気がするし、それ以上にシドに出来ることが、死神に出来ないというのももう一つしっくりこないように思えます。

まぁキッドの様子を見ていると、神様といっても完璧ないしはそれに近いという存在という設定がされている訳ではないみたいだし、なんとか辻褄は合っているのかもしれません。ちょーっと舞台設定は無理矢理な感じもしますが、そうしてまで作った状況ですから、こっから盛り上がって欲しいですね。
スポンサーサイト



チルドレンの娘達は、それぞれになかなかの美貌を持った少女という設定になっていますので、こういう話はあってしかるべきでしょう。ただし、彼女達の力を考えれば兵部の物言いじゃありませんが、何かと障害が多いというのは当然のこと。物語は、薫ちゃんLOVEという形で綺麗に終わっていますが、実際にはそれ以外の要素が多分にはらむんじゃないかなぁと勘ぐってしまいたくなります。

そういう意味でちょっと展開に無理があるなという気がどうしてもしてしまいました。彼女達の友情を云々というなら、もう少し突っ込んだ何かが欲しいところです。ちょっと局長ネタに走りすぎて肝心な部分が弱くなってしまったんじゃないかなという気がしますね。

実はこの辺りって、作品に深く入り込む部分なので、できれば丁寧に描いてもらいたかったところ。ただ、原作もこんな感じだったような気がしたので、仕方ないかもしれませんけどね(笑)