FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
一応ゴール前まで運べるようになったという部分は一応評価したいとは思いますが、未だに中盤は構成できずじまいでした。今回は永井をトップ下にという構成でした。阿部や啓太も以前に比べれば大分上がり目になってきているし、相馬は相変わらず切れの良い飛び込みをしていましたが、それでも明らかに相手の方が中盤は上回っていました。

高原も何度かチャンスに絡んでいましたが、シュートまでは行けず終い。もう少し瀬極性が欲しいなという気がします。ラストで追いつかれたのは残念ではありますが、仕方がない部分があります。けれど、結局そうなってしまったのはそこまで得点が入れられない状況が作り出した結果だったと言えるでしょう。

もちろん、達也が急に出られなくなったなどのアクシデントがあったのも事実だったんでしょうが、どうしても組織的な攻撃が出来ずにこれまでずーっと来ています。とにもかくにも攻撃面をもう少し何とかしない限り巧妙は見えてこないでしょう。まだ、出口は見えてきてません。
スポンサーサイト



動物変身話もこれで完結? やけに長く引っ張りました。今回に限らずですが、一応の解決はしているのですが、その手段がどうにも胡散臭い。つか、それで良いのか? って突っ込まないと居られないって感じになってます。

凶華は神を名乗る割には相変わらず悪知恵が働く子供の域を出ていないような気がするし、確かにスケールアップはされているんですけど、よく考えるとショボさを感じてしまいます。テーマを家族に絞っているということを律儀に守っているという点に関しては感心しますが、そのテーマが話全体に対してどう掛かってくるのかについては未だによく判りません。

一番の問題はやっぱりキャラの数にあって、あれだけのキャラを動かしながらそれぞれのエピソードを組み上げるというのはやはり構成上に無理がある。そちらを優先せざるを得ないから、軸が定まらないということになっているように感じます。とは言いながらもそろそろ本筋に話を進めないとな時期に来ているようにも思えます。さもないと何話かでやっつけるという事になりかねません。いや、そうなる可能性は十分にあると思いますけど。
なんというかスレイヤーズらしいと言えばらしいかもしれません。ほとんど意味無しのエピソードで単にドタバタを描きたかったってことなんでしょうか。敵も味方も目的を完全に忘却して目先のことに奔走するというのが、なんともはやという感じです。

前回やっとまともな展開が来たかと思いきや、一回しか保たなかったという辺りに全体を漂う軽薄感が滲み出てしまっています。それをもってスレイヤーズだと言われてしまえばそれまでなのですが、折角復活してきたんだからもう少しなんとかならないものかという気はどうしてもします。

しかも、ドタバタとして見たとしても出来としては今ひとつで、一応キャラは使っていたものの体裁という感じは否めず、頭数は揃えたもののもてあましているというのが実際なんじゃないかという印象を受けます。まぁひっくり返したところでスレイヤーズはスレイヤーズでしかないってことなのかもしれません。