FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
今回の感想はラストのリトが全てを語ってくれていました。アクビが出るほど詰まらないです。ついでに言うと訳がわかんねぇも追加しておきましょうか。なんの脈絡もなく話と全く関係無い話を一話持ってこられて、しかもその内容は唖然とするほど詰まらないとなると、もうなんと言って良いやら判りませんよ。

とは言っても、普通にやったところで面白いという訳でもないというのが悲しいところなんですけどね。
スポンサーサイト



基本的には丸々一話を使ったフェイク回。よくぞここまでって位に引っ張った挙げ句にマリオネットというネタを出してきました。それだけで終わってしまうと、詰まらない無駄話になってしまうんですが、そこにブラックボックスと中杉さんとこの企業という本筋のネタを絡ませることで、意味を持たせています。この構成はなかなか巧妙。

室戸をどのタイミングで引き込むのかというのが、今のところ一番の見所で、引き込んだら引き込んだでどういう風に使っていくのかというのも興味深いです。ともかく現時点ではバーディーは完全に孤立してしまっていて、地道に捜査を続けるしか無いという状態で、しかも手懸かりはほとんど皆無で、そもそもリュンカがどんなものなのかという具体的な情報すらない。

現状で変化を付けられそうなキャラは室戸以外には存在していない訳で、彼の存在がジョーカーになっています。シャマランも絡んでいますから、そこから突破口という方向かもしれません。

状況は相応に進行している感覚があるのに、それにバーディーは乗り遅れてしまっているというのが現状です。これをいつ追いつかせるのか、それをどういうカラクリで実現するのか、その辺も見所になりそうです。