FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
パンツズボン姿で歩き回る少女達をあれだけ見せつけられれば、間違いの幾つかが起こったところでなんの不思議も無いという状況だった訳なんですが、これまでは意図的に男性の存在を無視していたという感じで、今回初めてそのネタが回ってきました。

結局行き着くところ、中佐の個人的な感傷に付き合わされていたって結論になっちゃうんですが、それでいいんでしょうか。これまでの娘達に関しては、まぁ多少身勝手な話も成立できるとは思うんですが、上官までそのノリで来られると、流石にちょっと違うんじゃないかという気がしてしまいます。

元々リアルを求めるタイプの作品で無いことは判っているんですが、それにしても引っ掛かることが流石に多い。もう少しだけ組織として正常な行動を取ってくれると不可思議に思える部分にもそれなりの説得力が発生するようになると思うんですけどね。
スポンサーサイト



なんだかんだ言いつつ、過去のネタを上手に拾っているという点に関してはなかなかやるなという気がします。一見バラバラに見えるエピソードをそれなりに繋ぎ合わせているので、それによって流れが一応見えてきます。ただし、それが有効に使われているかというとそうでもないのが残念ではありますが。

今回にしても、折角雹霞関連のおねーさんの宿に来たというのに、その件についてはほとんど使われないまま終わってしまっています。ドジッ娘悪魔に関しては例によってまた使われるのかもしれませんが、それもちょい役として出てくるだけなんじゃないかという気がしてしまいます。

ドタバタ系のネタはよく考えるなぁと感心しますが、ちょっとオチが弱い感じはあります。死神の話のような展開になれば面白かったのになぁと思いましたが、悪魔がそもそもキャラとほとんど絡んでいませんでしたから難しかったのかもしれません。キャラとしては引きが強かったので、上手く使えれば面白くなるかもしれませんね。
久しぶりに宇宙一ネタ復活。素直にこの路線で行った方が楽しいような気がする。ただし、リトが振り回されるのがメインになってしまうために、ララ達が目立たなくなってしまうと言うのが難点か。何れにしても設定とキャラ構成のバランスがあまり良くないので、どういう展開に持ってきても話のバランスが取れなくなるのは仕方ない。

どれを取ってどれを捨ててなのかって事になるんだと思うんだけど、ララの言動がどうも吹っ飛び系なので、方向的にドタバタにしか振れなくなってしまうのがイタい。しかもそっち方面の落とし方が毎度イマイチで、今回にしても爆破ネタはどうだろって感じがしました。途中までは良い感じで行ってたように感じたんだけどなぁ。

どうしてもララを訳の判らないという状態にしていると限界が見えるような気がする。もう少しはキャラとして落とし込まないと何をするにしても厳しいんじゃないかなぁ。