FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
やっとリュンカの話に入りました。やっとといっても遅すぎるという程遅かった訳ではなくて、まぁ適切といえる範囲に収まっているように思えます。中杉にリュンカが入るという設定にしてしまったが為に、中杉に対する描写を相応以上に要求されてしまい。その分バーディーに対するものが少なくなってしまっているという感じがあります。それを補う為に星に返るという話を付けたのかもしれませんが、明らかにその分話の展開が遅れたというのは実際問題としてあります。

未だにバーディーに関しては、消化不良な感じが強く残っていますが、それについてはこれから取り戻してくれるだろうと言うことを期待したいです。このペースは1クールで話を纏める方向に向かっているように感じます。ただし、この設定なら続けようと思えば幾らでも続けられる状態に出来るでしょうから、2クールの構成や、続編への展開も十分可能でしょう。

折角有田しおんというキャラまで作ったのに、その辺りもほぼ完璧に忘れられているというのはちょっと勿体ないという気がしますが、つとむを中心に回すという内容にしてしまった以上、ある程度はトレードオフになってしまうのかもしれません。そう考えると、早宮についてはもう少し上手く使って欲しいなという気がします。彼女ってば初回から出てきている割には、存在意義が成立していない状態になってしまっています。ちょっと勿体ないですね。中杉が問題の根幹に関わっていますから、彼女についてもこれからということなのかもしれません。
スポンサーサイト
体育祭で一話引っ張ったという話でしたが、体育祭そのもので終わらせない、なかなか憎い構成でした。というか協議自体は本当に短い時間しか無かったですね。むしろお弁当タイムの方が長かったかもしれない。吉野屋先生のアクセントも良く効いていました。

それぞれがそれぞれなりに頑張るという感じが良く出ていました。結局彼女達は勝利を掴んだ訳ですけど、恐らく勝っても負けても彼女達なりに楽しんだんじゃないかという気がします。そう思わせる雰囲気を巧く作っているなというのが、毎度の事ながら感心します。

次回はひょっとすると吉野屋回ですか? これはちょっと、いやいやかなり楽しみかもしれません。期待したいと思います。
歌に特別な力がある。それはかなり無理のある設定で、フロンティアにおいては、今のところそれは証明されていません。ランカの力についても、単純に歌というだけでない秘密があるとされているし、なによりもシェリルはあっけなく忘れ去れれようとしていたという状況になっていました。歌には特別な力は無いけれど、それでも無力ではない。そういう流れの回。シェリルの歌は彼女のこれまでのいきさつを考えると、かなり良い出来になっていたと思います。

そこにプラスして、ラストの衝撃的なシーンもなかなか。ミシェルはマックス系の役割だと思っていたんですが、まさかフォッカー役までこなすとは、ある意味で美味しいかもしれません。けれど、何らかの形で復活してくるんじゃないかという気もしないでもない。

大統領暗殺に関しては、一度失敗したもののまんまと成功。こんなにあっさり成功するのであれば、一度失敗させることの意味が良く判らない。あそこまで信頼されるポジションを確立できているのであれば、殺す気になればいつでも殺せたんじゃないか、何も仰々しく計画を気取る必要はなかったんじゃないかという感触は受けました。

まぁ大統領暗殺という大事も他があの状態ですから、大した出来事ではないと感じさせるほど次々と様々なものが飛び出してきてまして、それだけのものを詰め込んでいる以上、テンポも良く良いペースで話が進みました。このペースが果たしてどこまで続くのか、その後どういう収束を見せるのか。その辺りちょっと楽しみですね。