FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
関羽と張飛の喧嘩話。まぁこういうネタはどうしても一回はやっておかないといけない通過儀礼のようなものでしょう。ただ、折角喧嘩したというのに、結局彼女達の結びつきが何なのかについては判らずじまい。別れてすぐにお互い寂しがりましたで終わってしまっていて、もう少し掘り下げが欲しいところ。

恋姫無双ですから、形式が重要で中身についてはさほど問題にならないというのも判らないでもないんですが、ちょっとあっけなさ過ぎたという感じを受けます。そしてまだまだキャラを増やしていくぞ構成も続きます。既にもてあましているんじゃないかという印象を受けるんですが、過去のことは振り向かないとばかりに次々です。

キャラが直接的に被らないようにしているのは頑張ってるなぁという気がしますが、果たしてあとどのくらい使ってもらえるのか、そう考えると悲しくなってきそうです。
スポンサーサイト



さっき新鮮な無料と裁判を買ってきました。明日のお弁当はこれで決まりですね!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
完全に前振り話。佐倉の話を持ってきたかったというのはあるのかもしれない。ネタ振りをしつつ佐倉ネタを咬ませるという面では、それなりに成功していると思います。ただし、やっぱり二人の関係は前進も後退もしていない停滞という状態。これについては、恐らくずーっとこのままなんでしょうね。まぁラブコメ作品ではないし、佐倉の問題が重要な訳では無いんですが、かといって、メインの筋が進展しているという気配もないので、どうしてもどっちつかずという印象になってしまいます。佐倉のネタはメインにしないということであれば、わざわざ彼女メインのネタを何度も持ってくるの必要は無いはず。

次々と新キャラを投入してきて、それなりに出したキャラを使おうと頑張ってはいるんですが、どうしてもちょい役になってしまう。エピソードがぶつ切りになってしまっていて、流れというものが感じられないというのが、一番気になる点。

空幻は、最初は人間界に対する興味というネタがメインだったけれど、それ以降は案外真面目に守護者として動いています。最終的なストッパーとしての機能は健在なんですが、彼女(?)があまりに真面目に過ぎるとどうしても話の展開が小さくなります。コウにしても同様で、最近は存在意義が薄くなってしまっています。それぞれのキャラにきちんとポジションが与えられていないなという感じがしますね。

狼男の話から何か根本の部分に関わるような線が見えてくればそこから一気に盛り上がれると思うのだけど、期待して良いんだろうか。それともこのまま何となくな感じで終わってしまうのかな。
ちょっと意図的なコミュニケーション不足を感じさせる展開ではあります。けどまぁキャラの設定を考えれば判らないこともないって感じはするかな。園美ちゃんとしては、一応代表なんだからもう少し貴重なType-E能力者に対して考えた接し方をした方がというのと、いや代表だからこそあれで良いんじゃないかという見方と両方が成立しそうです。

なにせ、OZという組織に対する描写は、主要メンバーが数人しか居ないんじゃないかって位にこぢんまりとしているようになってしまっているので、一人抜けるということの大きさが非常に大きく感じます。実際には研究所を持っていたりもするので、それなりの規模の組織なのかもしれないんですが、そこが表現できていないのは痛いです。

で、傷を舐め合っているだけと避難して出て行った麻織ちゃんが、自ら傷を舐め合う結果になるというのはジョークとしてはなかなか面白い。ただ、彼女の話をあまり引っ張ってしまうと、どうしても話が小さくなってしまう傾向になるので、微妙なところ仁菜ると思います。結果として、気持ちの持ちようという結論になってしまうのであれば、わざわざ2期シリーズを展開した意味がないように思います。その辺りをどう決着付けるのか、もう少し見てみないとなんとも判らないという状態ですね。