FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
世界撲滅の六人というサブタイがついていて、まぁ6人というのが、今回の6人だろうというのは見当がつきましたが、なかなか交わらない状態でどうなるんだろうと思っていたんですが、今回やっと6人が一堂に会しました。閉じ込められた空間からの脱出ということで、目的が非常に判りやすく単純化されたことで純粋にキャラにフォーカスが当たり、それぞれの関係性が強調されたことで、なかなか見応えがある内容の回に仕上がっていました。

世界に対してある種の不満を持っているというのは判りますが、そこから撲滅させようという発想までには結構な飛躍が必要です。しかも、その手段となる、デストラクトコードは使い方が判らないという状態で、それをもって撲滅委員会として追われる立場になっているというのは、よくよく考えれば無理がある設定です。

そういう意味では、世界観のリアリティを追求することはそれ程の意味があることではなく、問題はキャラにかかってくると見た方が正解でしょう。6人のメインキャラはそれなりに魅力的な要素を持っているように思えますので、彼等をどう使っていくかが鍵になります。そろそろ前置き的な話も十分でしょうから、次の段階に進んでいく過程で更に描き込みが出来てボリュームが付けば、そこからの展開は面白くなってくるかもしれません。
スポンサーサイト



これまでの中では一番面白かった。タイムリミットというのは典型的なパターンではありますが、それでもやはり緊張感を煽るには最適な方法ということになるんでしょう、話の展開自体は非常にシンプルで、解決にしても特に難しいことは何もなかったんですが、それでも新キャラ、ゲストキャラあわせてバランス良く仕上がっていたように感じます。

関羽や鈴々といったレギュラーメンバーのキャラも大分定着してきたというのも大きいかもしれません。関羽はキャラとしてやや薄めではありますが、その分鈴々が濃いですし、孔明もなかなか良い感じに馴染んできています。

キャラ関連のエピソードに関しても一巡してきているし、話を一段深めるには悪くないタイミングになってきています。これから徐々にネタ出しも出てくるように思えます。次回が早速曹操の二巡目みたいだし、突っ込んだ話が出てくることを期待しましょう。
何回かは戦闘があるんだろうと想定していたんですが、一度も戦闘無しに逃げる方向に事が運ぶとは、びっくりです。確かに何度にも渡って戦闘を繰り返すというのは、芸が無い展開だとは思っていましたけど、ここまで思い切って別方向に行くとは、天晴れです。

何気に新しいセキレイも増えてきていて、しかも風花までもが見方に加わるとなると、相応に強力と思われるセキレイが揃い始めたということになります。現時点では弱いとされている?に関しても、それなりに何かしらの秘密があるということも想定できますし、セキレイ計画を前向きに肯定していないセキレイは他にも居るかもしれないと思うと、逃亡方向の可能性というのもあながち不可能でもないかもしれないという気がします。

問題はMBIの存在をどの程度の設定にするかと、そこまでして遂行しようとするセキレイ計画の目的とは何なのかという部分をどうするかになってきそうです。遺跡で見つけた人型がセキレイだとするなら、セキレイ自体は相当に貴重な存在ということが言えるはずです。それを相互に戦わせるというのは、彼女達が持つ能力から考えれば恐ろしく危険な行為と言えるでしょう。そこまでするには相応の理由があると普通には考えられます。

ただし、あの社長は相当吹っ飛んでいるように見えましたから、どこまで理性的な判断をしているのかという部分がかなり不安ではあります。本当に吹っ飛んでいるだけだとするなら、企業をそこまで成長させることは難しかったと思いますから、そこはきちんとした解が用意されていると言うことを期待しましょう。それが見えてくればセキレイ達の行動も大分見えてくるんじゃないかなという気がします。