FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
とりあえずドタバタの舞台を整える為の回。一応かるーく裏切り的な要素などをからめつつも複数箇所で戦闘を始めるというまさにリナに大暴れしてくださいと言わんばかりの状況を作り上げています。まぁあの程度の拘束と監視で相応の能力を持つ魔導士がどうにかできると考えるのは、そもそもどうだろという気がしますが、まぁそこは考えないようにしておきましょう。

結局のところリナは最初は巻き込まれ、その後はなし崩し的に話に絡まってくるという展開。それが悪いとは言わないけれど、できれば主体的な要因で動いてくれていると、より話が面白くなったように感じます。

で、ポコタが元は人間だったということが明らかになりました。となると、なんで今は小動物の格好をしているのかが気になるところ。更に言うと、なんで光の剣を持っているのかもかなり気になります。その辺りがきちんと整理されてくるのかどうか判りませんが、とりあえずはらしい盛り上がり方をしそうなので、そちらに期待しましょう。最初の数話以来ちょっとその辺については抑え気味になっていたので、ここらで爆発させておくのはいいことなんじゃないかという気がします。
スポンサーサイト



雰囲気からして緩いので、どうしても緊張感が描けないですね。集団魔法というのがどんなものなんだろうと期待していたんですが、結局のところみんなで集まっているってだけでやっていることは個別でしかないってのが微妙です。

ソラの力添えがあれば解決するような問題であれば、ここまで大層な設定を用意しなくても何とでもなったんじゃないかという気がします。魔法遣いという存在の定義がはっきりとしませんが、結局力を出せなかった理由がなんなのかもわからないままです。それでいいんだろうかという気はします。

これからその辺もう少し掘り下げがあるのかもしれませんが、どうもフォーカスが定まらない印象を受けます。ここからラブコメに走ってしまうようだと益々判らなくなってくるでしょう。ペースが遅い展開なので、一話一話が重要担ってくると思うんですが、この段階になっても、なかなかペースが上がってこないですね。
滝島×光ネタに入ると盛り上がるなぁという感じはします。と、同時に他のキャラはやっぱり置いてきぼりなのね…というところがあまりに想定通り過ぎて残念です。タイトルとしてスペシャルエーのはずなのに、集団としてのスペシャルエーが全く機能していない為に、濃い話になった瞬間にすっかり忘れ去られるという結果になってしまいます。

それはともかく、光のボケっぷりは天晴れでしたが、彼女の発想自体はとても興味深いものがあります。人間を格で判断しようというのは社会では通常のようにされていることですが、かなり歪な判断方法です。その発想が見方を歪め形式を生み出す温床になります。滝島に関しては名実ともに優秀なのかもしれませんが、実際には名だけが優秀で中身は空っぽというのが、霞ヶ関や永田町辺りには掃いて捨てるほど生息しています。

そこまで深い意味があるかないかは判りませんが、クスっと笑えるシーンであっとことは確かです。まぁ根っこはラブコメなんだろうから、その点突っ込んでくることは無いんでしょうが、光のようなシンプルな思考が時には真理への近道を導き出すんだなぁなんてちょっと考えてしまいました。
やっと本筋に入ってきたのかという感じがし始めました。ここまで長かったなぁ。理想的な彼女がロボだとしたらどうするのか? というのは、電脳化され義体化が当然の世界においては一体どちらが愛情の対象になるのか。これは結構難しい問題です。裏では自然に挑戦するテクノロジーが一定のところを超えるかどうかという話になっています。この二つの状況がなかなか対照的で面白い。

森でのエピソードでホロンに異常が起こったというのがなかなか興味深くて、ねじれ手いるように感じられる方向に問題を持って行こうとしているように感じられます。しかし、その場合テクノロジーがなすべきところは一体どこまでなのかという部分を明示的に提供してもらいたくなります。

ここまでの一番気になるのは、結果としては諸々が出てきているんですが、それに客観的な説明がなされていないという部分です。それが故に単なる個別の事例に過ぎないと感じられてしまいます。核心に近づいた時に一体どういう結論が出されるのか。これまでのような中途半端なものでは、流石に納得出来るものではないので、きちんとしたものを期待させてもらいたいと思います。