FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ラブコメだ。完全にラブコメだ。まぁこういう話はいつか来るんじゃないかとは思っていたけど、やっぱり来てしまいましたね。しかも、微妙に作りがチープな気がする。10中10勘違いって奴にしか思えない。せめて、ソラの原に対する感情というのがもう少し描かれているなら、もしくは逆でもいいんですが、そういう表現があればもう少し盛り上がりもしたかもしれないけど、そういうものが全くない状態じゃ、普通に考えればあり得ないし、もし何かあるんだとしたらそれは興醒め。むしろ美佳子にフォーカスした方が面白かったかなと思う位。

しかし、何れにしてもこの設定で個人に視点を持って行ってしまうとどうしても話が小さくなってしまって結局全体が薄くなってしまう。というか、これまでの話の構成が個々の魔法遣いに注力するようなモノになっているとは思えない。

単にそういうエピソードという持って行き方も出来るけれど、それにしてもこの手の話を全体にかけるのは非常に面倒になる。わざわざ一話使ってデートシーンを描いて、しかもあらぬ誤解で盛り上げることまですると、どうしてもそのエピソードが全体の話の中で何を意味するのかを考えてしまいたくなります。

さて、どういう持って行き方をするのか。結局若い魔法研修生の一夏の物語ってだけで終わってしまうのが個人的には最悪のパターン。ただし、その可能性は結構高い。それならそれでせめて背景だけでももう少しちゃんと整理して欲しいというのがとりあえず希望でしょうか。
スポンサーサイト
ここまで本編に関係無く、かつくだらない話を作れるというのは立派だと思います。ここまで行き着いていると、もう純粋に楽しむしかないんだなと割り切ることが出来ます。時代劇パロというのはネタとしては良くある奴で、それだけ時代劇というジャンルが形式化に依って成立しているものだということが、これだけを見ても良く判ります。

ララを出すのを散々引っ張ってきて、どこで使うのかなとずっと楽しみにしていたんですが、なんか結局後半は普通に連続で使われるようになってしまって、それならこんなに引っ張らなくても良いんじゃないの? という気はしました。

大奥というからには、大奥に一人位綺麗どころを置いても良かったんじゃないかなと思いますね。そうじゃないと、大奥に対する執着が無くなってしまって、もう大奥はあの宇宙人女性達でしか繋がっていないということになってしまったのも、ちょっとなぁという気がします。そこの執着が無いからオチも弱くなってしまっているような気がするんですがどうでしょうか。

とはいえ、まぁ面白かったといえば面白かったんですけどね。
シリアスモード第2弾。彼女達の考え方はいわゆる「鬼畜米英」の発想。相手には相手の都合があるということを無視して、敵を絶対悪とみなす。まぁそうでもないと戦争なんかやってられませんわな。これは、別に大戦下だけの話ではなくて、今でも戦争なんかやっている奴等の論理はこれで形成されています。自分達が正義だと疑わない同士が戦っているから戦争なんですね。

で、坂本さんは案の定死ぬことは無かった訳です。それでネウロイ関連の話に行くのかなぁと思っていたら、内部事情が変化するという展開。新兵器が登場して、旧世代はお払い箱というのも、スカイガールズ同様のお約束か。

軍人として、いや大人の男として、やっぱり年端もいかないような少女達に自分達の仕事のほぼ全部を押しつけているという状況は、相当気分が悪かったんだろうなぁというのは想像できます。とりあえず、ここまで来て「んなアホな!」という部分についてそれを逆手に取った流れを作っています。それはなかなか見事ですが、できればもう少し早めにお願いしたかったという気はします。

恐らく、この流れでユニットの謎とか、ウィッチについての謎の部分が語られるという展開なのかもしれません。その上でネウロイをどう表現するのかが興味深いところではあるんですが、ここまで来て、悪と断定してしまうことはもう難しいでしょう。逆に落し処をどこにするのかというのが楽しみだったりします。曖昧にすると、折角のシリアス展開がふいになってしまうので、そこら辺はきっちりと描いて欲しいですね。