FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
そうか、兵部は初回から出てきていたけど、パンドラという組織が明確化されてはいなかったんですね。なんかもう今更って感じがしまくりますけど、やっと必要な情報が出てきたというのは喜ばしいことです。どうやら、今回も長期戦で行くようですね。ひょっとしたら不二子ちゃんも出ずに終わってしまうのじゃないかと心配していたんで、その点は楽しみが増えたかなという気がします。

ともかく、もう出すキャラは出して楽しむ以外に手はないでしょうから、はっちゃけたもん勝ちって感じがします。漫画以上にアニメだとマンネリになりやすく、同時に飽きやすいので、その辺は上手く処理しないと厳しくなってしまうかもしれません。今の処はそこそこな感じで収まってくれているので、この感じで言ってくれれば展開しきるまでは持ち込めるんじゃないかと思います。

そうは言っても、ラストをどうするのかは考えておかないとネタが撒けなくなってしまうので、バランスはそろそろ取りながらというのは必要かもしれません。そういう意味でも、兵部のネタは軸なので、材料が出そろったというのは喜ばしいことですね。
スポンサーサイト



スカパーの方で見逃したので、地上波に切り替えたら偉く間が開いてしまいました。謎解き編に移行しています。モーちゃんのキャラが変わっているような気がしないでもないですが、いや彼女ってのはこういうキャラだという気もしないでもない。そういう微妙な状態になってます。今回結局成都の面々は出汁ってことに終わりそうです。関さんのお色気暴走系はおまけってことなんでしょうかね。

で、例によってというか一騎当千の形式として、当人だけでは問題解決が出来ないという方向に今回も行くような気がします。つまり、呂蒙と呂布それに左慈(偽)ではどうにもならない程こじれてきています。まぁそうじゃないと主人公が出る幕がないですからね。結局、左慈(真)が龍の力をほしがる目的が判らないので、解決策も想定できないんですが、何れにしても呂蒙の龍が何らかの形で収まってという方向なんだろうなという気はします。その時にはシリーズ全体でないがしろにされていた劉備にも良い役がまわってくるかもしれません。

そうなると、注目呂布が最終的にどうなるのかと、ここへ来てやっと存在意義が出てきそうな雰囲気の仲謀がどんな活躍をするかというところでしょうか。もう一回くらい話をぐちゃぐちゃにする回があるかもしれませんが、そっからいっきに収束って方向でしょうか。ここからは毎回面白い展開が期待できそうです。
原作でもこれは面白い話だったんですけど、巧く料理していると思います。4コマをアニメにすると、大抵テンポが自分と合わなくなるんですけど、そういう感じが全くしない絶妙なテンポを作り上げているというのに本当に感心します。

前半の粘土ネタはやや飛ばし気味。これはこれでOKだと思います。これをゆっくりやってしまうと怠くなってしまいます。吉野屋ネタで煽りながら、ユノと宮子の間を早めに行き来させるというのは一番のテンポだと思います。

そこに悪戯ネタを咬ませてユノ父とユノ母の登場。管理人さんの「会ったことないけど」三連発が良い感じに前振りになってました。初っぱなが宮子と対面というのは、流れ的には自然なんですけど、良い掴みになってます。そしてやっぱり沙英さんには不幸が訪れるという定番を踏まえて、女子高生の娘と父の微妙な会話が効いてます。

で、それで終わらずオチがちゃんと付いてます。期待どおりの吉野屋オチ。一人除かれる程に悪い人じゃないと思うんだけどなぁ(笑) 大好きです吉野屋先生。
さて、シェリルさんは死んでしまうのでしょうか? 死なない気がします。彼女の存在が人類の希望になるんじゃないでしょうか。当然ランカもそれに対して大きな役割を果たすだろうとは思います。

政治家なんてしょせん欲の皮をかぶったパフォーマーでしか無いってのは、偉くリアリティがあります。そしてそういう連中が絶対善をを語る時には、まず間違いなく碌な事は無いというのは真理でしょう。

さて内部分裂して3派に分割しました。話としては混沌としてきましたがとても面白いことになっています。様々な要素が入り交じっているので話の流れを読みづらくなっています。ちょっと見ても3つや4つは仕掛かりが残っています。これだけの内容を描きつつ、シェリル辺りについては、結構キャラも描き込めています。何を言うとアルトがちょっと弱いかなという気がしますが、それでも駄目という程ではありません、かなり緻密に構成をしていると思うんですが、その中でキャラを良くコントロールしていると思います。

心配なのは風呂敷が広がりすぎている中で、残り話数が心許なくなって来ているので、一気に収束する中で、急ぎすぎてしまう形にならないことでしょうか。積み残しが出てしまうと折角ここまで積み上げてきたものがフイになってしまいます。一応展開としては、今回くらいが拡張の最大で、ここから収束という方向になるんじゃないかと思っているんですが、その心配を吹き飛ばすような見事な終章を期待したいと思います。
スレイヤーズのことだから、戦闘のための戦闘になるんじゃないかとは思ったんですが、やっぱりそういうことになったようです。単話の構成としてはそこそこで、一応追い詰められてから助けが来るという部分は綺麗に出来上がっていました。

で、おばちゃんが悪だなんて最初から判っていたことで、結局そのまま突っ切ってしまいました。このよく言えばシンプル、悪く言えば単純でチープ。そんなところもまことにスレイヤーズらしい。

良くも悪くもスレイヤーズという枠に収まっているなって気がします。リナというキャラが生きていないのが消化不良感が残る要因になっているように思います。勢いが一番のポイントだと思うんですが、それも話を単純化しすぎてしまったが故に構成が冗長になりテンポが悪くなってしまっています。

うーん、まぁ後何話かって感じだから、そのままなんでしょうね。わざわざ復活させた割には普通って感じでした。もう少し思い切った何かを出せれば良かったと思うんですが、なかなか難しかったのかもしれませんね。