FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
MIAUが“ネットの教科書”冒頭部公開 CCライセンスで

とりあえずどんなものか見てみました。なかなか苦労しているなぁというのが滲み出ている力作に感じます。ですが、首を傾げたくなったのが「携帯メールやりすぎ度チェック」なるもの。メールについて二十数個の質問があって、そのYesの数でやりすぎ度をチェックするという良くある奴です。で、その内の下から2番目が以下のようになっています。

1 ? 6 個だった人
あなたのやり過ぎ度は「普通」レベルです。今のペースならまだ心配するようなことはあり
ませんが、これ以上レベルが上がらないように注意しましょう。


うーん、そうだろうか。僕が見る限り大甘に見ても4つ以上Yesなら、即携帯電話は取り上げるか、データ通信のオプションを解約するべきだと思うね。まぁ「先生方・保護者のみなさまへ」の欄で、急激な規制は危険だということになっています。確かに高校生くらいになってしまっていると手遅れってことかもしれません。そこまで放置しておいた親権者が馬鹿なんでしょう。けど、中学生ならまだなんとか、小学生なら確実に制限する方がより効果が高いと僕は思います。

このやり過ぎ度チェックに挙げられている内容って、どれもこれも既に異常行動の域に入っているものです。例え消極的であっても許す理由にはならないと僕は考えます。少なくともバイトでもして自分の稼ぎが出来ない限り許容するべきではないでしょう。

というか、大人でも子供でも業務(学生なら学校関係の連絡事項など)以外のメールを平均で15通/日以上打っていたら危険だと僕は認識しますね。人間は他の人間と仲良く「しなければならない」という思い込みが、過度なコミュニケーション依存症に陥らせるんじゃないかという気がします。自分は自分で他人は他人であるということを出来るだけ早い段階から意識させることが大切でしょう。

実はそれが無いからこそ特定のコミュニティに属せない人間が攻撃対象になったり(虐められ)、逆にそうなることを恐れて過度に反応したり(虐め)するし、相手を認めるということを知らないから自分が認められるということも知ることが出来ない。そこから孤独感を感じたり、存在意義を見いだせなかったりすることになったりするんじゃないかという気がします。

相手を認める為には、自分と相手は違うものなんだという認識が不可欠です。安易な接続「感」だけで安心できてしまうようなツールを乱用させるのは百害あって一利なしです。友達は100人も作るものじゃない。数人も居れば十分です。みんな仲良くする必要も無い。数人と仲良くできて、それ以外とは当たり障りが無い程度に維持できればその方がいい。なんでもアリは何も無しと同じです。

親権者と子供の関係構築という意味も含めて、子供に携帯メールを必要以上に許すのは害にしかなりません。厳しく制限するべきでしょう。そもそも小学生に携帯メールなど絶対的な要性は認められません。それって、ネトゲに填ってヒッキーしているのと本質的にそれほど違わないと僕には思えるんですけどね。
スポンサーサイト
テレビを見ない人間

(笑) 役に立つか否かよりも更に以前に「流行についていく」必要性があるのかという疑問が成立します。個人的には、一般的な意味での流行に関しては、ついていくことは勿論、知る必要すら全く感じません。まぁ自分が興味のある業界に関しては、黙っていてもトレンドは入ってくるもので、それで十分。それ以上の一般性を追求する意義を僕は完全に消失しました。

だから、余程のニュースでも知らないままというのが良くあります。端的な例だと9.11テロも翌日まで知らなかったし、オリンピックが始まったとか終わったとかも正確には認識していないし、秋葉の無差別殺人も翌日まで知らなかったなぁ。当然芸能人の名前なんてほとんど判りません。でもまぁ困りませんよ全然。普通に社会人やれてますから。本当に緊急事態が身近で起こったらヤバイかもしれませんけど、それが起こる確率を考えたらテレビにかじりつかなくちゃとは思わない。

で、テレビを見るのと番組を見るのも結構違う事だと思います。例えば僕の場合テレビを見る場合は90%以上が録画したものを見ています。もうそうなって結構な期間が経ちますが、思ったのは、これはいわゆるテレビを見るとは情報の入り方が全く違うなということ。結局自分が自分の趣向に依って見たいと思うものしか見ない訳ですから、当たり前といえば当たり前ですね。

ちなみに、友人の中には完全に放送を切ってしまった(アンテナ接続されているテレビ受像器が無い)という人間がいますが、彼曰くテレビを見なくなると相当自分がテレビに左右されていたということが判るし、たまにどこかでテレビを見るとその不気味さも判るし、別に見なくなっても全く困ることは無いとのことでした。まぁそうだろうな。
FC2テーマ:TV | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
民主若手:「議員削減で360億円節約」若者狙い政策検討

参院選マニフェストでうたった「衆院比例代表選出議員80人削減」に新たに「参院議員40人削減」を加え、計120人の削減による歳費節約などを訴える。


政治屋が減ることは大歓迎なんだけれど、それにしても120人の削減で360億? 一人頭で3億ですか? それって年間で? 酷い無駄遣いっぷりですね。というか、まだ付帯費用はあるだろうから、更に上乗せされそうな気がしますね。いやぁ日本の財政はまだまだ余裕たっぷりって言いたいんでしょうか。

政治屋の数は衆参合わせて700人以上いる訳なんですが、いっそのこと500人くらい削減したらどうですかね。いや、なんなら大臣+10人位でいいかもしれない。判断は議論じゃなくてじゃんけんかなんかで決めたらどうだろ。案外その方がまともな政治決定ができるかもしれないですよ。
パチンコ店で下半身露出 自衛官を停職14日

いやぁなんというか、ストレスを理由に犯罪行為を繰り返してきた奴が停職14日で済んでしまうんですねぇ。これを見せられると、自衛官のモラルなんて全く信用できなくなってしまいます。というか、こんな奴が武器を合法的に所持できる可能性があるのかと思うと恐ろしくなりますよ。

全く緩いですね。懲戒解雇が当然の措置だと思いますけどね。
マーちゃんってばすっかり人間が円くなってしまいました。何かに気が付くと人間は決定的に変わるというのは、確かに不思議な事ではないんですが、それにしても…という感じが残るんじゃないかという部分を丸々一話をかけて消しています。ある意味これがターニングポイントとなる回で、これまではっきりしてこなかったオズとファウンデーションの違いというのが、明確にされました。

アドルとの調整をどう付けるのかという部分のネタ出しもされたことだし、案外収束は早いのかもしれません。ただし、そうは言っても一回位は壮大に盛り上がるシーンを作っていくんでしょうね。アドルとの決着が即ファウンデーションとの決着ということにはならないようになっているので、その辺は周到です。

ただし、シリーズの纏めとしてみると、全体を通じて何が描きたかったのか問い部分がまだはっきりとは見えてきていません。これまでの流れの積み重ねを踏まえてラストに向けてその部分が出てきてくれると、凄くしまった話になるんですけどね。
どんな時でも、もっとも恐ろしくて醜いのは、自ら判断することを簡単に放棄する大衆であるというのがよく表現できていました。追い込まれることで、何の確証もなく少女に石を投げ、殺そうとさえする。それをしたところで、如何程も問題解決には繋がらないということはちょっと考えれば判るはずなのに、それ程の考えをすることも出来ない。事態を良い方向に進ませることはまずないのが大衆の言動というものでしょう。

これがラストエピソードってことなんでしょうかね。確かに20面相の過去からの因縁に根付いているものなので、重要なエピソードだと思いますが、気になるのは、前半と後半の話の展開の繋がりが悪いというところでしょうか。前半の盗賊団生活と、その仲間達を率いていた20面相と、それを潰して単独行動を始めてからの20面相が繋がらない。

更に言うならチコを何のために連れて行ったのかも未だによく判らない。純粋に彼女を不憫に思ってというなら、もう少し他のやりようがあるはずで、盗賊団に入れて仲間にし、様々なことを教え込むというのは何か特別な理由があるような気がするのですが、その辺りについては描かれていません。

もしこれがラストエピソードということになるならば、何話が余るような気がするので、そこで何かが語られるのかもしれません。綺麗にまとまればいいなと思います。
リュンカの正体をバーディーが報告。確かにバーディー視点で見ると、これまではそこまでに値するほどの情報は集まっていなかったという感じがします。なので、ここで報告が入るというのは、物語としてリアリティのある内容だし、ぶっちゃけバーディ一人だけでは荷が重い事件なので、そろそろヘルプが欲しいというのも実際のところだと思います。

中杉がリュンカの宿主であるということ自体は周知な訳ですが、それ以外のそれぞれの思惑については完全には出されていません。シャマランについては、やっと今回その目的が明確になった訳ですが、あそこまで行くと既に理性的な判断を超えてしまっている状態で、よく言っても狂信者ですね。そういうのを相手にするというのはなかなか面倒くさい。

シャマランは端役の下っ端に過ぎないんですが、それ以外のメンバーの思惑についてはそれこそ全く語られていないので、それが上手くいっているものやら、まずい方向に行っているものやらすら判りません。確実に言えるのは、バーディーとしてはほとんど最悪な方向に進んでいるということ。既にリュンカは発動の実績がある訳だし、特定はできたものの、対処方法はよく判らない。リュンカの成長は更に進んでいる。地球人を宿主にしてしまっているだけに中杉を救いたいという気持ちもある。とかなりヤバ目な状況です。

これまでバーディー一人に操作をさせていたのが完全に仇になっている訳ですが、一応宇宙レベルの捜査機関として、こっからの巻返しというのを期待したいですね。バーディー自身としてもこれまでは活躍の場がほとんど用意されてきていないので、是非そちら方向でも挽回を期待したいです。