FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
信じるものは救われない? ? 「遅れた」温暖化懐疑論を考える

結局自分が否定している懐疑論者と同じ理屈を使っているということに気付いていないのだろうか?

CO2が温暖化の原因になっているからといって、対策をしなければならないと断言するのは飛躍した展開じゃないのか? しかもそれすらまだ判らないというのが実際のところだというのは共通の見解な訳で、にも関わらず対策をしなければならないとするのは不思議としか言いようがありません。

勿論、無理なくできるということであればそれは結構なことかもしれません。僅かなリスクでも避けるべきだというのは、あくまでも無視できる程ローコストにできるから成立することであって、それが原因かどうかも判らないし、効果がどの程度かも判らないモノに対して、膨大なコストをかけて対策しなさいとなった時に、嬉々としてそれに従うのは何も考えてないからなんじゃないかとしか思えません。

ましてや、それを権力者に押しつけられるとなると、まず嫌悪感を覚えるというのが当然なんじゃないだろうか。自らの信条として、温暖化対策をしたいという人を止めるつもりはないが、その気も無い人間にそれを強制あるいは半強制したり、無批判にその強制を肯定したりする精神が気持ち悪い。それに賛同しない人間を攻撃対象にするというメンタリティこそ最も対策するべきなんじゃないかという気がします。
スポンサーサイト



FC2テーマ:大衆 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top↑
真面目な話続行中です。キャラが一気に増えて整理されてしまいました。シエスタが脱落組にはいったのはちょっと残念。これまで頑張ってきたのにあんまりだよねぇ。ただまぁシエスタが居て、能登が居て、その上タバサまで加わるとなると、才人の周りが忙しすぎてルイズの入る隙が小さくなってしまうというのも事実で、結局シエスタは脇役止まりという可哀想なメイドさんって位置付けなんでしょうね。

戦力としては相当増強したので、戦闘は楽しくなりそうです。が、結果は見えているのでそこまでの流れがどうなるかの方が重要なのは言うまでもありません。タバサを助けるということ自体の意味というのは、長い目で見た時にはありそうですが、当面は難しい。さて、どうやって話を組み立ててくるのか、ちょっと見物ですね。
え? 次回最終話なんですか? それってつまり纏めるのは放棄ってことなんですね。そうですか、やっぱりそういうことですか。物語が動き出したと思ったら終わってしまうってパターンなんですね。2期を待てってことなんですね。あらあら。

話としては結ちゃんの紋が消えた以上、それにはそれなりの意味があるんでしょう。そうは言っても彼女がここで終わりって事はあり得ないので、当然復活するのは確定なんですが、それはどうやってかってのが恐らく今シリーズのクライマックスってことなんでしょうか。佐橋はスペシャルだという前振りが幾つかあったので、彼の特殊能力が発動というのが一番無難なところか。結ちゃんの生い立ちも特殊であるというのが今回のアバンでしたから、そちらが発動という方向かもしれません。

それでも、この脱出計画が成功するかどうかというのは、今後に結構効いてくる内容であるような気がします。成功するということはすなわち最終的には逃げるという選択肢ができるということで、彼女達がもし今までのように究極的には平穏を望むのであれば、逃げるという選択肢は無視できないものになるでしょう。

逃げられないということになると、久能達の処理が難しい。ここまで引っ張ったからには既に相応の存在感になってしまっていて、それをどうやって決着させるのかは、当然他のキャラ達に大きな影響を与えることになるでしょう。

でもまぁ、何れにしても次回で終わってしまうんですけどね。