FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ここでやっと二十面相が二十面相であった理由が出てきました。聞いてみるとなるほどと思える良くできた設定です。未だチコを連れ回した理由についてはよく判りませんが、そちらにも納得の出来るような理由付けがされることを期待しましょう。

緊張感のある構成でなかなか白熱しましたが、教授を止めたいのであればとりあえず塔を破壊してしまうか、そこまで行かなくても設備をを破壊してしまえば当面の危機は回避できるように思うのですが、まぁそこまでの時間がなかったということにしておきましょう。

やっぱり気になるのは少女探偵団の存在でしょうか。結局二十面相に戻るというのは、正しいと思うんですが、それにしてもその中間に存在した少女探偵団の面々が生きていないのは勿体ない。ラストエピソードに向けて、せめて活躍して欲しいと思います。
スポンサーサイト



皆本の主夫魂炸裂。良くも悪くもですが(笑) まぁでも大人としては小学生のパンツは洗うわな。釘宮の使い方がなかなか良くて、盛り上がりました。微妙な子供っぽさの出し方が上手いですね。それがないと可愛らしさ半減なんですが、それが無いように上手く処理しています。基本的な型があるんですが、それを意識させずに済む程度にバリエーションを付けています。だから微妙にツボに入るという感じがしますね。

パンドラがその正体をあらわし始めたってことは、深い部分にも徐々に入ってくることでしょう。待望の不二子ちゃん登場もじきかと思います。これからの方がより一層楽しくなってくるかもしれませんね。
そして世は事も無し。もう少し何かが欲しかったかなというのが正直なところです。というか、キャラクター紹介で終わってしまったんじゃないかという印象が強いです。クーやコウの可愛さが引き立ったかというと、そういう訳でもないし、サブキャラには魅力的なものもありましたが、その回一回で後はほとんど使われることは無かったでしたから、どうしても弱くなってしまいます。

クーちゃん達は頑張っていましたけど、結局対処療法を繰り返しただけですから、状況は何ら変化なしです。うーん、これは全部あわせて前置きってことなのかもしれない。とはいえ、あと2クールあっても同じような感じになるような気がしないでもないですが(笑)

展開していのだから纏めかたもそれ程難しくない。らしいエピソードを持ってくればそれらしく見えます。タマちゃんには流石にもう少し活躍して欲しかったとは思いますが、まぁそれなりに楽しめました。とりあえずクーちゃんはそれなりに可愛かったですよ。
今回もまた会話のテンポが快調です。もうそれだけで十分楽しんでみていられる出来になっています。そこにプラスして、前後回へのネタ出しとか全体を通して仕込まれているネタとか色々な技を使って話を組み立てています。4コマ原作の処理の仕方の手本のような作品に仕上がっていますね。

ところどころの吉野屋ネタが効果的に効いています。やっぱりひだまりスケッチは吉野屋先生で支えられているといっても過言じゃないような気がしますね。キャラの役割が明確で、それぞれのキャラがそれぞれの役割というのを十分にこなしてくれているという感じを凄く受けます。

非常にバランスの良い作品に仕上がっているなと思います。やっぱり、予想通り鉄板な出来ですね。
ネタ出しが始まって徐々にこれまで拡散していた内容が収束してきているというのを感じさせる回でした。そもそも歌姫が二人いるというのがとても変な感じがずっとしていて、勿論タイミングによってスイッチしたりとかそういう工夫はされていたんですが、それでも彼女達二人の最終的な立ち位置というのがはっきりしない状態で来ていました。最終的に対立構図を取るというのは、アルトを挟んでいる限り十分考えられることでしたが、本当の意味で対立という形を取るところまで思い切るとはなかなか凄いです。

フロンティア首脳部の判断というのは、確かに追い詰められた状態ではあるものの、原則無謀に見えるような気がするのは気のせいでしょうか。シェリルにバジュラ抑制の効果が多少見られるというのが判ったとしても、まだまだ確実性にはほど遠い状態のように思えます。戦力についても大幅ダウンしているのは明白で、何故そこまで急いだ選択を取るのかという部分がやや不可解に思えます。

第三勢力となったSMSの連中がどういう役割を見せるのかというのがジョーカーになっています。そういう意味でまだ手札は見せきっていないままラストに突入していくことが出来たという構成は良くできてると言えるでしょう。ランカやシェリルがどうなのかとか、気になる部分は幾つもあります。そう思わせることが出来たというのは話として成功していると言うことなんだと思います。