FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
戦闘シーンは頑張ったなぁと思いましたけど、全体的に中途半端な感じがどうしてもします。そもそもネウロイって何者ってのが全く判らずじまいでしたし、なんでコアを落とすだけで巣までが消えてしまうのかもよくわからないままでした。巣が一つだとも思えないし、この状態で唯一の戦力とされていた隊を解散してしまっていいものなのかという疑問もあります。ネウロイってあの巣だけって設定なんでしたっけ?

ちょっと話数が足りなかったという風に正直思います。あれだけの数のキャラを出してしまうと、どうしても1クールでは収まらないでしょう。その弱みの部分がもろに出てしまったという感じがします。それこそ3クールか4クールくらいかけてもう少しじっくりやってやればそれなりに面白くなったんじゃないかなと言う気がします。

ただし、これまた例に漏れず伏線を張って張り逃げという終わり方をしたので、まぁいつか2期をって考えているんでしょう。その時にはもう少し展開できればなと思いますが、またキャラも大量に追加されそうな気配もあるので、何回やってもこんな感じになってしまうのかもしれません。その辺り難しいところですね。
スポンサーサイト



普通に考えて、無謀としかいえない作戦なので、成功してもらっては困るんですが、その辺りはきっちり危機的状況に陥ってくれました。そもそも相手の戦力も、相手の正体もはっきりとわからないような状態で、総攻撃をかけるというのは、いくら追い詰められていたとはいえ、あり得ない話だろうという気がします。

グレイスの狙いも悪くはないと思いますが、キーがランカである以上不安定な要素があるということを計算するべきで、恐らくはそこがネックになるという展開なんだろうと思います。人類視点で言えば、バジュラは侵略者になりますが、バジュラ視点から言えば、人類が侵略者というのはなかなか鋭い指摘でした。結局は正義などと言うものはその程度の意味しか持たない。というのはメッセージとしては強く感じるものがあります。

ただし、とは言え決着はつけなければならないわけで、人類の側とバジュラの側にそれぞれそのものとは異なる異質物を設けるという設定になっています。バジュラ側にはグレイスを人類側には三島をそれぞれ置くことで、戦いの決着を付ける材料にしているように見えます。想定されるラストはそれほど多くは無いですし、SMSの連中が仲介者となれる位置に存在しているので、展開自体は難しくすることなく進められるような気がします。

比較的素直なラストになるんじゃないかなと思われます。話を後半になってから急激に展開させたので、かなり判り辛い部分が多くなってしまっています。その辺のフォローをしつつ、盛り上げていけば言い終わり方が出来るでしょう。個人的にはシェリルがどうなるのかが一番気になりますが、マクロスですから、ハッピーエンド系になるんじゃないかなとか思っていたります。
なんだか予定調和に入ってしまいました。結果としてソラがどうなるのか判りませんが、どうなったとしてもちょっと小さく纏まってしまったなという感じがします。途中までは話が広がるかなと思って期待していた部分があったんですが、残念ながらそっち方向に話が延びることはありませんでした。

しかも、なんか卒業と同時にペンディングになっていた問題は纏めて片付いてしまって、残るは一つ的な感じになっていて、その解決についても納得できるような出来ないような微妙な感じ。豪太がなんで最初にやさぐれていたのかとか、もう遠い昔の話状態になってしまっています。それでいいのかよって突っ込みたくなってしまいますね。

ソラちゃんは確かに健気だし、魅力的な部分もあったんだけど、それでも彼女の個人的問題に最終的な話をもっていくのであれば描写不足の部分が多かった。ラストまで秘密を維持したかったというのも理由なんでしょうけど、結局のところ最後の突っ込みが甘くなっているような気がする。

世界観についてももう一つ不明瞭で、この話の場合まずそこをきちんと処理できないと、魔法遣いという存在がどんなものなのかが定位できない。結局中途半端になってしまうんじゃないかなぁという感じが凄くしますね。ちょっと残念かもしれません。
結局何に対処したらいいのかもわからないまま前回は終了してしまいました。普通に考えれば、空から降ってきた卵が怪しいんですが、まさかそれがからだの一部とクルトは相当予想外の展開でした。このぶっ飛び具合はなかなかなもんです。で、その肝心な強欲王というのが、これまたなかなかナイスなキャラで久しぶりにインパクトがありました。

で、ここまでずーっと水槽にいるか、寿司食ってるかだけだった月香ちゃんがついに正体を表しました。相当なものだろうという片鱗は見せてくれていましたが、まさか神様だったとは、これまた驚きです。

前回散々引っ張っていたプリンセスは今回ほとんど出番無し。けれど月香と何らかの関係があるだろうという伏線は張られていたので、次回どういう結末になるのか楽しみだったりします。というか、以前の無人島ネタ以来月香ちゃんが活躍する回を楽しみにしていたんですよね。すでに予告でも突っ込みが入っているように、ここに来てまだ新キャラモデルみたいです。その気概は賞賛に値しますね。まぁ雌に関してはいくら増えても歓迎だったりしますが。

そうそう、死神も久しぶりにちょっと出てましたね。彼女も結構好きなキャラなので、もうひと活躍して欲しいところです。
このシチュエーションはまさか鬼ごっこか? と思ったら、そこまではベタじゃ無かったようです。確かにララと鬼ごっこをしても、あっさりと捕まってしまう展開の方が自然でしょうからそういう風には出来ないかもしれません。

リト一人に地球の命運がかかるという流れで前半は引っ張りましたが、結局それでは周囲のキャラクターの出番が無くなってしまうと言うことで、助っ人有りということになりました。いきなりあれだけの攻撃を受けたとなると、そうでもしないとリトがどうにかできる感じがしなかったですからね。

ただし、メンツとしてはやや不満の残る内容で、恐らく次回にはもう少し様々な助っ人が登場することでしょう。闇ちゃんとか絶対何かしそうな雰囲気がありましたもんね。結論としては、何とかかんとか親父に認めてもらって、事も無しになるしかないんだと思います。予告では思わせぶりな事言ってましたけど、そんな展開にはなりようがない飛ばれてしまっているのがちょっと悲しい。

それだけに、内容自体が問題になります。ラストは目一杯スパートしてもらって、盛り上げてもらいたいと思います。