FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
このエピソードで終わるのかなと思ったら、アフターフォローの回があるみたいです。最後までしっかりした構成で話を作って言っているなという点で好感が持てます。少女探偵団というのが一体何だったのかというのが、ここまでずっと判らないままだったんですが、結論としては、チコが戻る先という位置付けのようです。そう持って行くのは悪くはないと思いますが、だとすると、ちょっと少女他院鼎談の位置付けが弱いかなという印象は受けます。

二十面相を選ぶか少女探偵団を選択するのか、その葛藤の部分がもう少し表現できていればより面白かったかなという気がします。それでもここまで丁寧に作ってきているなとは思いました。シリーズ構成的に若干バランスが悪いところもありましたし、キャラの作り込みをもう少しやれれば、結構な出来になったかもしれないだけにそこが惜しまれます。

最終回で一体どういうオチを付けるつもりなのか、そこがとても楽しみです。当然ですが、二十面相がその後どうなるのかも気になりますね。何年か後とかそういう展開も十分ありそうです。期待して待ちたいと思います。
スポンサーサイト



しっかし毎度言いますけど、巧く作りますね。本当に感心します。単に喧嘩しましたって話をここまで面白くするするというのは凄いとしか言いようがありません。しかも、テンポが十分に速くてドンドンと展開して行き台詞の掛け合いの面白さを巧く引き出しています。幾つかのネタを掛け合わせて作っているんですけど、その入れ込みのタイミングが見事で、事前に複線を張ったりしたりと結構気を遣った構成にで作られています。

原作からしてカラーが明るいので、緩急が付けやすいんだと思いますが、微妙に足りない分なんかも小ネタを突っ込むことでバランスを取っています。このテンポとバランスというのが、この手の話ではキモになる部分で、それが見事なので、見ていて物足りないという気にならずに済んでいます。お手本になるような部分が多々見受けられる作品に仕上がっていて、毎回唸らされてしまいます。

そんなひだまりスケッチも次回が最終回です。どんな風にラストを演出してくれるのか、楽しみにしたいと思います。
うーん、緊張感は演出出来ていたと思いますけど、どうしても地味な感じになってしまいました。つとむの新条をメインにしてしまったのでそうなることは必然なんですが、ここへ来て悩んでしまっている姿を見せられるのは流石にウザいという感じがしました。しかも、他のキャラに関しては使うことが出来なくなってしまっていて、室戸に関しては一応出番がありましたが、それ以外は全滅です。

シャマランにしても、もう暴走してしまっていたので、納得できないとまでは言わないですが、リュンカがどういうものなのかも判らないまま、地球人から見ると完全に超科学のものをあそこまで自信たっぷりに扱って、しかもあっさりやられてしまうというのは、拍子抜けです。

結局キャラの使い方としては、下手だったと言わざるを得ないでしょう。話はそれなりに良くできてはいましたが、それにキャラが振り回されるという結果ですね。1クールだと短すぎたんでしょうね。そこの部分は気の毒だと思いますが、もったいないなという感じです。やっぱりバーディーをメインにしていかないと難しいでしょうね。
とうとう曹操が復活しました。しかし、このタイミングで復活させるというのは、まさに次期シリーズがあるよと言っているかのような展開です。結局騒ぎの元凶であった、左慈(真)についても助けましょうという展開になるのが、とても一騎当千らしいです。

で、呂布はどうなっちゃうんでしょうか。これで蘇っちゃうとなると、もうこの作品における死という概念は一体どうなっているんだって事になっちゃうんですが、それを言っても詮無いことかもしれません。面白ければそれでOKを地でいってますからね。そういう意味では、メインキャラクターに関しては不滅ってのが当たりなのかもしれません。

仲謀がようやく正体を告白しましたが、だから何なのかというと、いまいちよくわかりません。結局最初に出てきて最後まで活躍の場を与えてもらえなかったという不憫なキャラクターになってしまいました。彼女にも何か特殊な能力があるような気がするんですが、せめて最後くらいはその力を発揮するなりして、活躍して欲しいです。