FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
全てはデストラクトコードを基準に動いているんですが、そのデストラクトコードとは一体何者なのかがよくわからないので、どうも話し我から回っているように感じます。結局鰐オヤジに全部の問題を押しつけるという方向に行きそうですが、それならモルテは最初から弟を殺した相手に対する復讐という選択を何故しなかったのか。世界を撲滅するという選択を何故変えたのか。その部分の説得力が弱すぎるという気がします。

これまた全体を向いていた視点を個別に落とすことで話が変わってしまったという展開になるんですが、視点変更で話の根本を変えてしまうと言うのは構成としてはあまり綺麗じゃない。もし、どうしてもそう持ってきたいのであればやっぱりそれなりの意味付けが欲しくなります。

全体の構成を見ても全体的に情報量が薄いと感じるし、キャラ同士の関係性ももう一つ弱いように思えます。それが故に話の核心が見えてこないし、世界観もはっきりしない。大層な設定がされている割には、使い切れていない。そう感じてしまいます。

ということで、中途半端なまま盛り上がっているとも言い辛い状態で最終回です。この状態で最後をどうするのか、よくわかりませんがちゃんとした決着を付けてくれることは期待したいですね。
スポンサーサイト



前回までの緊張感あふれる展開から一気に脱力系に移行しました。この緩急が付けられるという所が、この作品の強みなんじゃないかという気がします。しかも、単に脱力して面白くしているだけでなくて、きちんとこれまでの状況を使ってきちんと今後の伏線を張っている辺りは周到です。

で、集められたデスサイズですが、これまたなかなか個性的で、かつお姉さんが二人も追加されたというのは嬉しい限りです。シュタインの使い方が今後も結構な鍵になりそうで、これまでは心強い味方として存在してきた訳ですが、これからはどうなるかちょっと微妙な感じです。

で、デスサイズばかりが集まった訳ですが、問題は職人の方。少なくとも一人はあぶれている訳で、その職人を誰が担当するのかというのが非常に興味深いです。毎回結構なオプションを用意しつつ話を進めていくという構成はなかなか巧さを感じさせます。これからどうやって盛り上げていくのかちょっと楽しみになりそうですね。