FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
なんだよ、やればできるんじゃねーかよ。って感じの試合でした。どうも去年からレッズはAFCにならないと本気が出せないようです。ややミスもありましたが、それにしても全員が良いパフォーマンスを見せてくれました。穴らしい穴も無かった。交代選手も含めても永井がパッとしなかった位で、それ以外は頑張りを見せてくれました。

課題として上げるならば、広報から中盤のフィードの制度。クリアをスルにしてももう少し丁寧にやって欲しい。ルーズを相手に拾われて、波状攻撃というのを前半から何度かされてしまっていました。それは余計な危険を招く行為です。ボランチに山田をおいたのだから、きちんと中盤を経由してポンテなりサイドなりに展開できれば、今日の出来なら十分チャンスになったでしょう。

草摩はシュートも含めてすばらしい出来でした。平川も今日は十分に上がれていて、何度か良いチャンスメイクが出来ていました。ポンテの良さはもうデフォルト。高原もエジミウソンも頑張っていた。出来れば高原には決定力、エジミウソンにはキープ力をもう少し発揮して欲しいところでしたが、彼らの動きがあってこその得点だったのは事実でしょう。

細貝、山田のボランチコンビも良かった。バランスが良くとれていて、二人とも攻撃にちゃんと絡めていたし、それで守備に穴が開くということも無かったです。阿部が入った最終ラインも安定していて、坪井に幾つかミスがありましたが、攻撃的なディフェンスが決定的なシーンを潰してくれていました。

このパフォーマンスを毎回出してくれれば、文句は無しなんですけどねぇ。やっぱそれはまだ無理な要求なんでしょうか。でも、久しぶりに良い試合を見せてもらったと思います。準決勝はガンバ大阪ということで、国内対決。相手が誰であろうと優勝するには勝利するしかありません。この調子を維持して是非決勝に進んで欲しいです。
スポンサーサイト



なぁ、日本が独自のことをするとガラパゴスと呼んで、アメリカが独自のことをするとグローバルと言うのはやめないか?

指摘は理屈としては全く正しいと思う。けれど、日本独自仕様のことをガラパゴスと形容する場合、その観点は多分に経済的な側面を帯びているように思う。少なくとも最初は。日本の携帯電話の出来がどんなに良くても、またサイトの作りがどんなに良かったとしても、経済的に成功しているのはNokiaの方であり、そうならない限り生き残ることは難しいということでしょう。ガラパゴスが悪い訳じゃなくて、ガラパゴスは生存確率が低いというだけのことか。

アメリカだけに限らず、海外でやっていることは正義だと思っている人も中にはいるようで、そういう単純反応をしている人もそれなりには居るんでしょうが、基本的にはやっぱり世界というレベルでモノを見た時の経済的な側面に収束するんだと思う。ところが、これを非経済的なものにまで拡張し出す大馬鹿モノもよく見かけます。

経済的あるいは資本主義的な価値観で語るべきではないものを、そういう視点だけで海外でもやっているからとかって正当化しようとするのは、本当に気持ち悪い。しかも、それを聞いた一部の愚か者はその言説に説得力を感じてしまっているというのだから、更に始末が悪いです。何れにしてもアメリカのやることなんてのは善し悪しとかそういう基準で決定されているのは当然無い。それは前提にして考える必要があるのは確かでしょう。

ただ、日本人の文化的感覚というのはどうしても世界的に見れば特殊な部類に入ってしまうと思うので、余程長期的に構えない限りなかなか厳しいというのが多いんでしょう。だから迎合の傾向が強まる。絶対的な数の差がある訳ですから、それは仕方ないことかもしれません。資本主義である以上、数の暴力の前には正論などなんの役にもたたないってことなのかもしれません。

ちなみに「アメリカはソニーみたいだ」というレトリックは大爆笑しました。ちなみに、最近だとAppleみたいだと言った方がより高い効果があるかもしれません。βの頃はポリシーも感じられましたが、MSとかiPodとかになると表面だけで中身が無いので、まさしくアメリカそっくりです。が、Appleはアメリカの会社だからソニーの方がやっぱり良いかな。なんで、どっちの会社にもあまり良い印象は持ってないです。最近負けが混んできているソニーの方がまだ可愛らしいでしょうか。
女性が結婚できない3つの理由(その1)

なかなか面白い。でも、これを読んでいると、結局は男が女の好みに合わせなければならないという概念がヒシヒシと伝わってきます。『つまり「自分たちの好む方向に引っ張ってほしい」という、都合のいい願望に過ぎないと思う。』という指摘はまさにその通りで、本当に引っ張っていくタイプの男なら、最初から自分の好みのやり方を押し通すでしょう。女の子のみを聞いて、それに合わせて自分を殺してというのはリードしてくれるとは言わない気がします。

で、女性がリードすれば良い。という展開には話になっています。それは正解だと思う。何故なら女性の方が細かいことに拘っているから。経験上女性の拘りってのは、はっきり言って「どうでもいいこと」が多い。だから気になる人が決めればいいだけのこと。結果どうなったとしても、どうでもいいことなんだから、そうなんだで終わり。それは逆も言えることで、男性の拘りは女性にとってどうでもいいことに相当するものも多いでしょう。その部分を否定してはいけない。女性にとっての拘りを許容する代わりに男性の拘りも許容する。それが良い関係を構築する唯一無二の手段でしょう。一方的に女性の判断に従うなんていう男は男の目から見ても情けない奴で、そんな奴がどの程度居るのか判りませんが、そいつと生涯をすごすのかと思うと、僕なら憂鬱になります。まぁ飼い犬が欲しいという女性は居るんでしょうが(笑) それなら本物の犬を買った方が安くて、確実です。

少なくとも現在に於いては、結婚によって得られるメリットは女性の方が圧倒的に大きい。だから、少なくとも女性が姫様扱いされることを望んでいる内は、結婚が出来なくても仕方ないでしょう。騙される馬鹿な男ばかりではありませんからね。年齢が上がるに従って男の方も智恵が付いてきますし、財力も付く。そうなれば、女性の必要性は相対的に下がっていくことになります。少なくとも男にとって結婚という形式がほとんど必要じゃなくなっているご時世ですから、それを望むのであれば考え方を変える以外には手はないでしょう。
FC2テーマ:結婚 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
【事故米不正転売】実名公表企業の被害拡大

農水省の情報開示が不親切かつ中途半端だからだろう。まず、事故米とはどういうものなのか、どういう加工がされたらどの程度危険なのか、という部分をきちんと十分周知した上で、必要な情報をきちんと出せばもう少し混乱は収まっていたんじゃないかという気がする。

大衆が食の安全というと醜い程にヒステリックに反応する傾向にあるのはこれまでの事件で学習済みだろう。そういう連中をコントロールするのが役人の仕事で、自分達の保身というのは役人の業務には入っていない。流通の流れもきちんと明確にすることが必要で、そうすれば誰が加害者で誰が被害者なのかが明確に見えてくるでしょう。

勿論そうなってしまうと自分達が困るので情報を制御しているんだろうな。というのは容易に想像が付くことで、役人の精神が腐りきっているというのは、もう判りきっていることを確認できました。世の中にはまだまともな役人も居るとか夢のようなことを思っている人もいるようなので、そういう愚かモノもそろそろ理解して欲しいと思います。役人にまともな人間というのは基本的には居ないと前提するべきです。そりゃあ世の中には黒い白鳥も居るかもしれませんから、まともな役人だってひょっとしたら存在するかもしれませんが、そんな意味の無い程度の確率は無視して構わないでしょう。
昨日は、なんだかつかれちゃいました。KazuSさんが小さいから……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑