FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
これまで結構散々だった美佳子ですが、今回は彼女がピンチでちょっと救われる話。彼女の清純派っぷりは、周りが周りだけに妙なインパクトがあります。まぁここまでベタなキャラ付けってのも最近あまり見ないですけどね。

全体としてはそういうカラーな回でしたが、それでも所々にケメコっぽさが出ていました。まさか本編でプリップリン体操しかも第二を聞けるとは思いませんでした。それだけに留まらずお母ちゃんマーベラスに成功するとはなかなかなもんです。更にはあのピピルピーは本物だと思うんですが、そこだけ千葉登場? すっかり編集者という枠を超えて大活躍の彼女が今回もまたピリリと効いていました(笑)

そろそろ本筋の方も進めてくるんだろうと思うんですが、お色気抜群だったミシマの女が今後どうなるのかも楽しみだったります。
スポンサーサイト



こういう話になると、途端にちゃっちくなっちゃう感じがするのが玉に瑕ですね。特に今回は複数人での魂の共鳴ってことで、表現が難しいところ。相手を受け入れるというテーマの取り方は悪くないんですが、この展開はちょっと興醒めした部分があります。

まぁそれでもなんとかかんとか共鳴自体には成功した訳で、これでいままでどうにもこうにも扱いに困っていたブラックスターとキッドにも出番が回ってくることになりそうです。現時点ではどう贔屓目に見ても3チーム存在させる意味がまるで成立していませんから、これからは少し期待したいと想います。

この手の話というのは、どうしても敵側は次々と様々なキャラが出てくるのに対して、主人公側は固定という形式になってしまうので、マンネリを避けるために様々な工夫が必要になります。この作品の場合、学生が主役という事で、成長という形式を取るには比較的楽なんですが、そうなると、教師とのギャップをどう埋めるのかとか実は諸々危ういところはあります。パワーでその辺りを気にならない程度に埋めては来ていたんですが、シビアな展開になるとどうしても粗が目立ってくるというのはこれまでもありました。

今回も相当シビアな設定になっているようで、設定の甘さが出てこなければ良いなとか思ったりしています。
初期設定が終わって、第二部が始まったと言うことで、幾分情報量が上がって良くはなりましたが、それでもやっぱりかったるさは健在です。もうこれは最後までかったるいままで行くんでしょうねきっと。

当麻を記憶喪失と言う設定にしてしまったせいで、その前後に断絶が生まれてしまい、話としては進めづらくなってしまったんじゃないかという感じをとりあえず受けました。今後それが生かされるようなエピソードが多分1回くらいはあるんでしょうが、デメリットがメリットを上回るってことにならなければいいんですけどね。

で、本作にもとうとう能登登場。ちょっと浮世離れした感じが能登声のイメージに良くあっています。インデックスを置いてきてしまっていますが、どうやって話に絡めていくんでしょうかね。まぁそれは次回以降に期待するとして、一体いつになったら魔術と科学は交差するんでしょうかね?