FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
話としてはかなりの盛上がりを見せました。何せ、屍姫が死ぬという事態に陥ったわけですから、これで盛上がらなければどこで盛上がるんだって感じでしょう。特に水薙生に関しては可愛らしさを強調して、かつ旺里の考え方に共感し出したという表現がされていただけに、彼女の存在が状況から否定されたという事実は、話に大きなインパクトを与えます。

それでも、今ひとつ乗切れないのは、契約僧が死ぬと屍姫が屍になるという設定であるならば、契約僧が前線に出てくるというのはナンセンス。仮にそれなりに近くに居ないとであったとしても、もう少し彼らは守られる状況が作られるべきでしょう。

屍から屍姫が作られるのだとしたら、その選別はどうなされているのだろうか。それも良く判らない。そもそも屍という存在がそうそうちょくちょく出来上るとも思えないし、その割に使い捨てにされているのはどうかという気がする。GUNSLINGER GIRLの義体というのは、技術的に作られるものだから、その気になればある程度量産も可能だとは思うけれど、こういうオカルト系の設定の場合は、その辺りの扱いが難しくなります。

どうも話の展開が遅い事に加えて、設定上に微妙な違和感を感じることが多いです。最後まで見た時にどこまで整合性がとられてくるのか判りませんが、完全にとられたとしても、この段階でそれを違和感と感じさせる意味は全くありませんから、明らかに構成のミス。もし、整合が取られずに終るのだとしたら、それは世界観設定のミス。ってことで、穴が開いているということは間違いないでしょう。

その段階で微妙な感じが抜けないんですよねぇ。
スポンサーサイト



サブキャラを一同に集めた小ネタ集。これが成立する程度のキャラの数と、それぞれのバックボーンがそれなりには描かれているというのがこの作品の強みでしょう。特に瑠妃ちゃんに関しては初回から出てきている割には「いろいろ」ネタ以外に全く使われていないというまさに不幸なキャラで、恐らく意図的にされているだろうその恨みを晴らすがごとく萌香達にプチな嫌がらせをするというのは、なかなか構成としても面白かった。

更に井上、久川という大御所を使っているにも関わらず、すっかり地味キャラになってしまっている先生達にも再度光を当てるというのもなかなか面白い。そうそう、銀さんも2期ではすっかり存在が忘れ去られていましたものね(笑)

なんて感じで、このショート連発は結構楽しめました。
メインのネタに兵部ネタを重ねたこの時期としては非常に良い内容の回でした。こんな感じで行けばラストまで情報を集積出来るでしょう。ただ。この話原作では大笑いした記憶があるんですが、アニメ版はそれ程でもなかったように感じました。

ウエイトが戦闘シーンと兵部関係に流れていた為にギャグのキレが今ひとつになってしまった感じがします。やっぱり原作1話で30分を構成するのは難しいんだろうなというのがアリアリと見えてしまっています。それは初っぱなにダブルフェイスを出したりしている辺りにも見て取れますね。前回のハヤテといい、ちょっと苦しんでるなというのがモロなだけに見ていてキツいです。

ここはもう原作を出し惜しみしないでどんどん消費していって構わないからパワーを復活させて欲しいところです。既にじっくりと作るとかそういう段階ではないので、思い切った展開を期待したいところです。