FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
児童ポルノサイトの閲覧制限、総務省が実証実験へ

予言するけれど、これが実施されたとしてデメリットがメリットを上回ることは確実でしょう。まず、真っ先に問題になるのは制限の基準をどう決定するのか。これが最も重要。どうせまたクダラナイ形式主義に陥らざるを得ないということが最初から判っているので、そもそもやるだけ無駄だということにそろそろ気付いて欲しい。

次に効果の程がはなはだ怪しい。ネットのサイトなんてものはどんどん変化増殖していくものだから常にチェックを怠ることが出来ない訳だが、それを一体誰にさせるというのだろうか。自前でやろうとしたら、確実に無駄に税金が使われた割には穴だらけという状況になるでしょう。じゃあ外部に出すとして、一体いくらで出すというのか。現在でも年間数千円も出せば導入できる程度のフィルタな訳なんだが、それにどの程度の税金をつぎ込むというのだろうか。総務省の役人の給料から出してくれるというのなら判らないでもないですが。

10カ国で導入されているとあるが、欧米人はこの手の内容に正常な判断が出来ているとは僕には思えない。所詮奴等は宗教倫理で動く連中で、彼らの判断が正しい訳でもなければ、それに追従しなければならないという理屈も成立しない。海外でどうこうというのはこの手の巫山戯た規制などでは良く聞く言い訳なんだが、他人がやっているからなどというのは幼稚園児並の屁理屈でしかない。

別に児童ポルノを推奨するつもりはないけれど、役人の権限と予算を増やすものは原則慎重になるべきだ。ヤクザやロリコン野郎よりも役人の方が遙かに毒性が高い有害物質だからだ。
スポンサーサイト



前回劇的に復活したちゃんはこの作品の流れ的には当然のように使い捨てにされました。これは想定内。それにしても黄泉の落ちっぷりは凄まじいものがあります。盤石だと思われていたものも実は脆弱な基盤の上に成立っているというのは良くあること。しかも、家督が絡むという最も醜い人間性が関わる問題に直結しているとなると、やり方がエグくなります。

象徴的なラストシーンでしたが、もしこれで黄泉が殺生石に精神を乗っ取られてしまうとなると、展開としてはちょっと単純すぎるという感じます。これまで予想の上を行く構成を常に取ってきていただけにもう少し何とかして欲しいところです。ただし、そういう流れになると整合性が取れるというのは実質問題としてありますが。

これで彼女が乗っ取られて、1話や2話のような行動に出るとしたら、それは対魔師という存在そのものを否定したと言うことになるんだと思いますが、最後の宝物とまで形容した神楽をも殺してしまうというにはまだ弱さが残っているような気がします。さらに、このまま乗っ取られてしまうとして、最終的には黄泉は何らかの形で処理されなければ話として成立しないんですが、それが出来るのは恐らく神楽のみで、神楽黄泉を処理するというのでは、黄泉神楽も救いがない。

黄泉が1話、2話のような行動を取るためには、神楽との関係をもう少し変化させなければならないでしょう。その関係の変化が何によってもたらされるのかがその後の展開に大きく影響してくるような気がします。神楽や紀之はともかくそれ以外の超自然災害対策室のメンバーは全滅という流れになるような気がしますから、それだけの状態に陥ったとしても何らかの解決策が見いだせるようなエンドを用意しなければなりません。それは結構厳しい条件で、どういう手を使ってくるのか、これからがまだ楽しみは続くんじゃないかと思っています。