FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ココロのひみつ、使い捨てに打ち明けちゃいました

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
スポンサーサイト



FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
徐々にサスペンス色が強まってきました。この回を見て思うのは、この作品はサスペンスとしても一級品だと言う事。そりゃあ、話の構成が緻密で、かつキャラの数が適切で、相応以上の描き込みが為されているのだから、サスペンスとしても十分成立するでしょう。しかし、これが単純なサスペンスで終わってしまったのでは京極夏彦である必要性は特に無い訳で、事件性とは異なる部分というのがこれから徐々に出てくる事になるんでしょう。ともかく、京極堂を悩ませているネタがなんなのかというのは、早く知りたいところです。

最終的な落し処がどこになるのかは判りませんが、まず現象を並べて、それを徐々に整理するという過程において、そこに理性の影が色濃く見えるというのは個人的には歓迎に値します。それ故に一時的にサスペンス色が濃くなるというのは、展開上の必然であり、話の構成がしっかり為されているという事の証明にもなります。

話に目を向けると、白い手袋の男が何らかの鍵を握っているという描き方をされています。加菜子の居場所も知っているかもしれないという微妙なニュアンスの言い回しをしています。が、その加菜子をどうやって連れ出したのかははっきり言って謎です。警官だらけのあの場所で、怪我をしている娘を連れ出すというのは、そう簡単な事じゃないはず。まぁそれについては、トリックという線で片付ける事もできますが、他の伏線との整合性をどう取っていくのかがまだ出てきていない。

まず、宗教団体との関わりは持っているとはされているものの、それがバラバラ殺人や加菜子の失踪にどう関わってくるのか判らない。不死の研究をしていたという医者との繋がりもまだ出てこない。そもそも加菜子が飛び込んだのが何故なのかが判らない。白い手袋の男の押されたというのは、頼子の狂言である可能性が高いという表現がされています。当然、加菜子の姉改め母だという陽子と事件との関係性も判らない。病院で木場に対して取った態度を見れば、彼女が無関係だとは到底思えない。

この作品を信頼して、これらの伏線は全て回収してもらえるものだと信じています。それだけにこれからどんな展開が待っているのか楽しみで仕方ないし、純粋なサスペンスで終わってしまう訳はないと思っています。ポイントは恐らく頼子なんでしょう。結局の所彼女が中心になって全てのエピソードが作られています。彼女の保つ秘密とは一体何なのか。それが大きな鍵になるとは思うんですが、まだほとんど見えてきていませんね。秀逸な作りです。

それにしても美佳子当たり役だわ。
まぁこういうババアってのは結構居ます。だから大規模マンションとか団地とかに入るのは避けているんですが、万一にも分譲で買ってしまってから、となりがあんな奴だったなんて洒落にもなりません。原理的に人が集って、かつそこにコミュニティが成立している場合、その規模が大きくなればなる程ハズレが存在する確率が上がります。そして、ハズレが一人存在すれば、無知蒙昧で大多数を占め、理性的な判断を放棄している大衆は、声の大きい側に面白可笑しく乗っかるだけなので、益々悲惨な羽目になります。

虐めの構図というのは、これに基づいて行われるわけで、このリスクを回避するには自分が集団に属することをしない。あるいは属しても依存しない。という状況を常に用意しておくのが一番です。集団に属さなければ不安を覚える人も居るようですが、今の世の中コミュニティと断絶していても別に何の問題もなく生活していけるし、そういう人間はごまんと居ます。

まぁ今回の令の場合はババアが完全に暴走して犯罪の領域に入っていますから、然るべく措置を取れば逮捕に持って行けるとは思うので、糸の引き方もハプニングを装うしかなかったようです。学校編に比べれば幾らかマシな出来にはなっていますが、正直恨みの出来としてはそれほどよろしくない。カードの残高を気にすることも無い程の金持ちならば、とっとともっと良い場所に越すなり、復習するにしてもやり方もあるんじゃないかという気がしないでもないです。

8話になってもこの調子となると、どうも3期ははずれが確定ということなのかもしれません。