FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
もう、ほとんど存在を忘れかけていたタナロットと、卓人の神魔創世能力についてラス前になって粋なり復活です。こちらもラストに向けてテコ入れって事なんでしょう。過去改竄するなんて事をそう簡単にやってもらってはかなり迷惑な話なんですが、まぁそういう細かい事を考えても意味無いでしょう。

タナロットは卓人の内より出でたるものであるが故に、その存在は歴史を改竄しても必然というのは、落し処としては良くできていると思います。この一回だけで、二人の絆は相応に表現されているんじゃないかという気がします。

本来であれば、それを踏まえて更に話が展開していくと面白い話が展開出来たかもしれないなと思うのですが、今回のようなそんなものは全部ほってしまってのドタバタコメディというのも悪くない選択だったかもしれません。あまりにもキャラが多くて、話が拡散してしまったというのがちょっと残念ですが、卓人達をちゃんと軸に据えて、作ってみれば、それはそれで結構行ける話が出来上がったんじゃないかという気がしないでもありません。

さて、もう一回あるようなんで、そこでどんな話を持ってくるつもりなのかそこはかなり楽しみだったりします。今回で一応話としては収束を見たと思うので、ラストは悪ノリ回になるんじゃないかと期待しています。
スポンサーサイト



これまで長らくお気楽極楽な話を続けてきましたが、流石にラストに向けて真面目な話も作っておこうと思ったのか、急激に変化しました。おまえは何者か、何がしたいのかと問い詰められて悩むナギ。自分自身も含めてその答えを誰も持っていないという事に気付いて愕然とする訳します。まぁ何を今更という感触を受けると同時に、その手の内容に悩むということこそがまさしく俗っぽいという気がしないでもないです。

ただし、その悩みこそが信仰の本質であるというのは真理です。神に対して何者かと問うことはどのような面から見ても無意味です。神が何をする気なのかという問いも同様に無意味です。信仰とは、それを問わない、純粋な信仰によってのみ成立するものでしかあり得ません。神を具現化して、それに何者かと問うたところで、信仰があればあったなりに、無ければ無かったなりに無意味です。

この作品がどういう結論にする気なのかは知りませんが、残り話数で解決するという事から考えても、そういう方向に行くのじゃないかという気がしています。神とは自身がそう名乗り、回りがそれを信仰した時点で、それが美少女の姿をしていようが、ヒゲ親父の姿であろうがそれが神なのです。信仰なんてその程度のものでしかありません。逆にどんなに神妙にらしい姿をしていようが、信じなければそれは神たり得ない。それが信仰の本質というものでしょう。