FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
うーん、ともかくもここはテンションを上げていくタイミングということで、例によって迫力は満点でした。それを告白したという段階で、変化はあるんだと思います。ただ、個人的に前作のミヤミヤにしてもそうなんですが、そういう精神状態というのを理解する感性が欠落しているようなので、どうも入り込めないものがあるんですが、まぁ彼女が追詰められているという事実。そして、それについて救いを求めているという現状というのは伝わってきました。

作品的に見ると、そのこと自体は既に起ってしまったことであり取戻すことは出来ないということを前提にどう処理をするかということになるし、それ以上に過去のエピソードと現在のエピソードを、さらに今シリーズが完結編だとするなら、できれば前作との関係性をどう位置付けるのかという部分が注目されます。

特に優子というのは、前作でも微妙な感じで出てきているわけで、その優子は一体どういう意味合いを持つものなのか。相応に考えられているという気配は十分あるので期待したいところです。死と虐待という前作よりも現実的なテーマを題材にしているだけに、やや生臭さを感じてしまうのですが、この手の話というのは、結論のもって行き方で全体の評価が決定してしまうということになります。勿論、その結論を整合させるための過程も重要ですが、そういう形式になっているだけに、ラストにどのような結論を持ってくるのかとても楽しみです。
スポンサーサイト
えー、それはないよぉぉ。これが見終わって初っぱなの感想。どう考えても納得できないラストに思えます。この最終回は、完全に神楽が黄泉の後をたどる回になっていました。例えば、自分の怒りにまかせて相手を殺そうとするというシーン。またこれまで、切る事ができなかった元人の怨霊達を躊躇無く殺せるようになっていく様にいたるまで、完全に黄泉が落ちていった後を神楽は追っています。

にも関わらず、黄泉は殺され、神楽は生き延び、あろうことか彼氏を作ってのうのうとしているというのでは話の整合性が取れません。もし、あのラストで行くなら神楽はストイックなまでに対魔師になっていました。という結論になるべきで、それ以外の2年後はどう見ても異常に見えます。勿論、黄泉の願いというのが何らかの形で影響を与えているという可能性は考えられなくもないですが、明示的にそういう表現が為されていない以上、それを想定するのもまた不自然です。

また、3話移行の話というのは、原則的に黄泉視点で描かれていました。であるならば、ラストも黄泉の思いがどうなったかという結末で締めくくられるべきでしょう。黄泉の願いが神楽を守る事であるという振りは判ったとしても、あの状態で黄泉が神楽に殺されることは、本当に刹那的な意味でしか彼女を守る事にはなりません。そんな陳腐な結論を出すために延々とあれだけの前振りをしてきたのかと思うと、バランスが悪すぎます。

紀之にしても、なんだかんだで占いをしている位お気楽に生きているというのもちょっと始末が悪い気がします。全体として尻つぼみになってしまった感が強いです。やっぱり話的に1クールで纏めるのは難しい内容だったように思えます。その証拠に青い蝶の僕は、これからだと言って去りました。あり得るとしたら、これもまた続きが用意されているというオチでしょうか。

黄泉は実はまだ死んでは居ない。神楽は実は普通の状態ではない。というところから続きがあるのであれば話は通じない事もない。ただ、それを続編という形式にする位なら、最初から2クールなりの構成で話を作って欲しかったというのはあります。もし、善意的に理解するのであれば、これは神楽が自立するまでのエピソードであるという事も出来ますが、だとすれば、3話からの描き方にやはり問題があるように感じられます。

神楽が黄泉を殺して終わるというのは、最も単純かつショッキングな終わり方ではありますが、話の展開的にそれでは基本的に片付かないだろうという風になっていただけに終わり方に期待していたのですが、肩すかしを食らった格好になりました。勿論綺麗事だけでは済まされないというのが現実なので、いつまでも夢見るお姫様では居られないというのは判るんですが、残念ながらその結論に説得力を持たせるまでには至らなかったという感じがします。

もう少し唸るような結論がだされると思っていたんですが、残念でなりません。
あぁそうですか、結局は前置で終ってしまうってことなんですね。なんてしょーもない構成なんでしょうか。最近はこういう構成のアニメは少なくありませんが、真面目くさった展開にしておいて、これをやられると、本当にムカつきます。完全に視聴者をなめているってことなんでしょうね。

はっきり言って、この内容を6話でやって、続編の分をその後の6話でやれば、ひょっとしたら良い感じになっていたかもしれません。けれど、こういう巫山戯た構成にしてしまったが為に全部ぶちこわしです。

もう、ガイナックスという会社は駄目作品しか作れないと断定してかまわないと思いますね。悪くない部分もあるんですが、如何せんそれを作品にする段階で腐らせてしまっています。非常に残念ですが、作品として成立しているレベルに至っていません。
それにしても、目一杯引張ります。ブラックスターとキッドに対して相対的に弱い状態だったわけですが、それを修正するためには相応のパワーが必要になると思うんですが、ともかくもギャップを埋めるための話が展開されているというのは悪くない。それだけじゃなくて、しっかりと敵側を含む周囲もそれなりに動かして、テンションを上げているのはなかなか秀逸です。

みんながみんな何かを企んでいるという怪しい雰囲気はなかなかに興味深いです。その雰囲気がじれったさを我慢できる大きな要因になっていて、それがなければ厳しいと感じられていたでしょう。それでも、そろそろ限界に近いところまで引張ってきていますから、そろそろ一気にそれが解き放されるタイミングなんじゃないかという気がします。この辺のバランス感覚が良くないと、この手の話はうまく作れないでしょうね。

ネタは隠されたままで展開しているので、それが矢継早に出してこられるという爽快な状況がこれから待構えているかと思うとちょっとゾクゾクしますね。