FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ラストはやっぱりよろずキャラてんこ盛りで、飛ばしていくという構成でした。最後までヲタネタ爆発で進行したのはアッパレだと思います。暴走加減も適当な感じで、今回使ってきたキャラの様々なネタを巧く生かして作ってるんじゃないかという気がしました。

タナロット達を生かす回がもう少し多いかなと思っていたんですが、それが少なかったのがややちょっと意外でしたが、作品のカラーをしっかりと維持した状態で、様々なバリエーションを良く作ったなと思います。

キャラの数も多いことだし、この構成なら極論話は幾らでも作れるでしょうから、またしばらくして2期スタートというのも悪くないかもしれません。
スポンサーサイト



料理で一番大切なのは到着をすることだって、ブログ妖精学校で教えてもらいました。さっそく試してみたいです

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
しかし、凄まじい。有無を言わさない迫力があります。既にそのキャラや考え方に賛同するとかしないとか、共感できるとか出来ないとか、それ以前に問答無用の迫力で押し寄せてくる思いというのが感じられます。既に、映像表現としてある種の究極形態なんじゃないかという気さえします。

とはいえ、勿論それだけでは単に極端に押しが強い作品というだけで終わってしまうかもしれませんが、そうではなく、きちんと物語的にも必要なだけの複雑性を維持し、しかも適切なタイミングで適切な量の情報をきちんと提示しています。なので、思い詰めたという感じを出しながらも話自体は決して停滞している訳ではなく、一つの問題に対する壁を提示すると同時に、他の問題は進展させたり、新たな展開を用意したりとかなり綿密な計算がそこにされているという事感じさせます。

元々複数の話を同時進行で進めるという構成になっているところへ、単独の話だけを取ってみても、かなり凝った展開にしていて、さらにそれがある程度クロスオーバーするように演出されていますから、作品としてみた時にかなり深みが増します。単に話の構成だけでそれを行っているのではなく、キャラを刻々と変化させることで見ている側の受け取り方もブレさせていますから、もの凄い緊張感を長期にわたって維持させています。

ここはまさしく中盤の山場で、盛り上がりどころですから、これを過ぎるとある程度緩急も使ってくるんじゃないかという気がします。実際スタートの段階ではやや緩めな状態がしばらく続きました。勿論、一回テンションを張った後の緩みは、その前の緩みとは異なる意味合いを持つでしょう。そういう基本的な事も踏まえつつ、アニメーションとしては完成の域に近付いているといえる表現が連続して出てくるという辺り素晴らしいです。

これがテレビシリーズとして見る事が出来るという事実に素晴らしさを感じると共に、放送できる局が限定されているという事実に悲しくなります。