FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
しかし、ギリギリの緊張感というのを良く維持します。あまりにも究極過ぎてしまって、やや感情移入がし辛くなってしまっているんですが、二つの物語の進行の合わせ方といい絶妙と言って良いでしょう。感情移入が出来ないという事は、話を客観視しているという事になるんですが、それでも出てきている問題の回答は出しづらいと思いますから、当人達のテンションが異常の域に達しているということに対する説得力は相応にあります。

ただし、それでも微妙なすれ違いとか、ちょっとした発想の転換とか、そういう部分で自体は変化させる事が出来るという、その影は見えていて収束までの光明が見えかけてきたという感触はありました。それでも、それで終わりました。ってだけでは無くて恐らくもう1段何かしらの仕掛けがあるんじゃないかという気がします。ここからラストに向けて、もう一盛り上がりを演出してくれるんじゃないかと期待しています。

話をかなり深刻にしてしまったので、どういう風な結末にするのか興味が尽きません。この展開に見合うだけのラストとは一体どういうものになるのか、これから先の話が楽しみになってきました。
スポンサーサイト



精霊の守り人で大成功を収めた上橋菜穂子とIGのタッグ再び。ちなみに原作は未読です。精霊では、リアル指向の描写がされていましたが、今回はその部分をゆるめて児童文学的な雰囲気を強くしているような感じが見えます。1話はさわり的な感じでしたが、それでも良く世界観が描けていたし、幾つかの伏線も見受けられました。

なんといってもファンタジーですから、その世界観にリアリティが感じられなければ話として成立しなくなってしまいます。なので、初回から世界観の描写に相応の力をかけるというのは正しい選択でしょう。

これは予感ですが、何処かに大きな転換点を持ってくるんじゃないかという気がしています。そこまでにどの位の情報量を詰め込めるのかが作品全体の成功にかかってくるんじゃないかという気がします。ですが、当初は、色々ありながらも基本平和という感じなのかもしれないので、うまく表現してやらないと、途端に中身が薄くなってしまうでしょう。その辺りのテクニックをとりあえずは期待したいところです。
ドタバタ学園コメディ。ちょっとダーク。新房節が最も輝くんじゃないかと思えるような設定の新作です。しかも、基本登場キャラクターは美少女ばかりという見目麗しさ。これはもう、ある種見る前から間違いなし確定なんですが、第一話をそれをきちんと実証してくれました。

絶妙なボケと突っ込み。ブラックなネタもふんだんに取り入れられ、様々なタイプの美少女達がそれぞれのカラーで登場してきました。微妙な現実感とのずれの表現がまた心地よく、そのフィクション感が面白さを引き立てます。

なんと言っても一話の当たりはゴッドという事になるでしょう。突っ込み禁止の容姿もそうですが、何よりも特徴的な抑揚のしゃべりは完璧です。つか、耳について癖になってしまいそうです。真田アサミの演技もノリノリで良い感じです。井上麻里奈の茉莉花も良い味出しています。

初っぱなからなかなかハイクオリティな状況です。今後どんな展開が待ち構えているのか、これはもう楽しみにするしか無さそうです。