FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
川澄登場! ってことで、佳境の学園祭。可南子ちゃん関連の大詰なので期待したいところ、アニメシリーズでは結局可南子ちゃんの活躍がもう一つという感じだったので、このタイミングは期待したいところです。しかし、夕子ちゃんが祐巳ちゃんと感じが似てるって言われても、OVAを見ていないと何のことだか判らないだろうなぁ…。

瞳子ちゃんとの対比も面白いはずなのに、その辺がちょっと曇ってしまっているのも残念。それが、祥子とのラストシーンに繋がるはずなんですが、それも判り辛い。ただし、それぞれのシーンの表現については性格で絶妙。それだけに、原作ファンでも納得できる内容に出来上っています。

折角、久々登場の蓉子さまももう少し画いて欲しかったですが、当然それは本筋からはずれているところなので、適切な程度に割愛されてしまっています。それらを犠牲にして話としてはテンポを維持しているのもこれまで通り。それは同時に情報密度が高まるということを意味します。ちょっとしたシーンでも、重要な情報が隠されていたりするので見逃せないです。

しかし、エンディングのイラストどれも可愛く画けているなぁ。特に悲しげな顔の瞳子ちゃんは最高。祐巳もかなり良い出来です。
スポンサーサイト



物語の進行はかったるさを感じるものの、女性達はそれぞれかなり魅力的に描かれていると思います。タイプの違うというのはお約束ですが、突飛な設定が無いというのがなかなか好印象。それぞれのキャラが、きちんとノーマルな感覚を持った行動原理で動いているというのは重要な事だと思います。

とりあえず、まだ状況作りという感じで、これからどうなっていくのかまだ全く見えてこない状態。進行速度は倍位にしても十分釣合うんじゃないかという気がします。テンポが遅くて、遠回しな表現を多く使っている割には、キャラの内面表現に繋がっていないので、上滑りしている感じがややします。

これから徐々に佳境に入っていくんだと思いますが、そこまでに出来る限りキャラと状況を定着させる必要があるでしょう。それができれば魅力的な作品に仕上るかもしれません。