FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
またノーマルな展開に戻ってしまいました。なかなかにシンドイです。言葉というのは難しいもので、当人にそういうつもりが無くても、相手に間違って伝わってしまうことがあります。勿論無意識の内に思っていることが言葉になってしまうという場合もあるでしょう。気をつけて居ないととんでもないことになるというのは事実でしょう。

しかし、それにしても相手を流してしまったとしてもそれで本当に解決するのかというのが激しく疑問です。そうするしかないような恨みというのも存在するのかもしれませんが、どうも安易な例が多すぎて、何も考えていない連中がそれだけ多いってことを言いたいのかもしれないなぁとか思ったりします。

そういういみで、バカが不幸になるというのは当然なので、報いを受けるべきだというのは地獄少女のシリーズを通した趣旨として成立しているのかもしれません。
スポンサーサイト



何か浮ついた感じが凄くします。けれど、これはそれで正解。この時期は祐巳と由乃の妹関係がどうにも落着かなくて全体として浮ついた時期であるわけで、取立てて大きな何かがあるわけではないのだけれど、どうも腰が座らない。そういう印象を引張るタイミングです。

マリみての醍醐味というのが、この何とも言えないじれったさで、それは初期の頃から今シリーズにいたるまでずーっと共通。しかも、冷静に客観視してしまえば、なんのことはない詰らないような内容でやきもきする。それが純粋に出来るというのが、マリみてワールドの凄いところだったりします。

当然のことですが、この妹オーディションの最も重要なポイントは、瞳子ちゃんの心情にあります。それが、その後の展開の起点になりますから、その部分に関してはしっかりと表現してくることでしょう。期待したいです。
テンポとしては相当かったるいんですが、キャラの思惑が交錯するという話自体は嫌いじゃありません。その部分の面白さで全体を引張っているというような形です。主人公の男が何故そんなにハーレム状態になれるのか? というのが最大の謎ではありますが、それを求めることは恐らく完全に意味の無いことでしょうから、不問としておきましょう。

この手の恋愛ものとして見る場合、思い出されるのがtrue tearsですが、残念ながらそこまでの上品さや緻密さは感じられません。むしろキミキス位割切って作ってしまった方がすっきりするんじゃないかという気がします。

アイドルものであるという前提があって、その設定が障壁としてしか使われていないというのはちょっともったいないかなという印象を受けます。由綺というヒロインが弱く、彼女の意志がはっきりと描かれていないのもマイナス要因。魅力も足りていない状態で、完全に理奈に食われています。まぁ今の段階はそれでも良いのかもしれません。アイドルの逆転現象というのを演出するつもりなのかもしれません。マクロスFと同じ手法ですね。しかし、それならやっぱりマクロスのランカ同様に由綺は弱いままになってしまうでしょう。特に結論を先延ばしにするのであれば顕著になってしまいそうです。

悪くない部分もあると思うので、とにかく話を今の3倍くらいの速度で進めて欲しいという気がします。それを前提としてキャラを描込む方が良くなるように感じます。