FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
もう少し引っ張るのかと思ったらあっさりネタ出ししてしまいました。このネタメインで行くのかと思っていたんですが、このペースだとそれだけじゃないのかもしれません。アルタ人差別という話をあまり深くしてしまうと、面倒な事になるので、避けた方が良いんじゃないかなという気がします。それは何れにしても解決不能な問題となってしまうでしょうから。

バーディーが地球に居るということは良いとして、捜査官であるという性格上、どうしても犯罪者の質がインフレしていく傾向になっていくんですが、それに対しては何らかの対策を打たなければ、治安維持能力に対して致命的な欠陥があるという結論に達してしまいます。実際、複数人の凶悪脱獄犯をたった一人で捜査及び逮捕するというのは、如何にバーディーが優秀だったとしても無理があります。

もし、地球を舞台にしてこれ以上この展開を進めるのであれば何らかのテコ入れをする必要があるだろうと思います。というか、キャラ的にもそうしないと難しくなるんじゃないかな。
スポンサーサイト



ミチコというキャラの魅力を別の方面から描くという話。アツコも結局はミチコに惹かれているという事になるんでしょう。実際ミチコのような生き方というのは、常識という範疇に縛られている我々、それはとりもなおさずアツコの視点でもあるんでしょうけど、それから見てもある種の羨望があります。

恐らくは彼女の自由さというのが一番輝いているという点なんでしょう。それは決して簡単なことではなく、ミチコはお尋ね者になり、刑務所に入れられ、マフィアから追われと散々です。そこまでして彼女が求めている事は、自由である事と、ヒロシに会う事。それだけのためにそこまでのリスクを負えるという選択が出来るという事自体が彼女の魅力です。

そのこと自体は判っているのですが、そこから先が見えてこないというのがもう一押し欲しいと感じる理由のような気がします。できればもう一歩突っ込んでくれるともっと面白くなると思うんですけどね。
青春してるなぁ。今時こんなストレートな奴が居るんだろうか… それにしても綺麗に、気持よくまとめました。そして、それが伏線になって次のエピソードに繋がるというなかなかに秀逸な物語構成になっています。

当初は単純なツンデレ学園モノかなと思っていたんですが、結構良くできています。それぞれのキャラの心情設定が主軸になっていて、それをなかなか巧い具合に表現していると思います。大河と竜児の話の時は、周りがいてきぼりになってしまっていて、やや暴走気味に感じたのですが、今回はそれなりにバランスされていたと思います。

さて、今度はみのりんのターンでしょうか。彼女にはどんな展開が用意されているのか、そうなってくるとちょっと楽しみになりそうです。