FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ミチコは脱獄囚という設定があって、諸々からも追われる身である以上、こういう話はもっと早くから会っても良かったかなという位にこれまで彼女は自由にしてきました。けれど、追われるという状況が現実のものとなった今でも、結局彼女は自由であるという凄まじい話でした。

単体の話としてはなかなかに良い出来だと思うのですけど、シリーズを通してみるとどうしても繋がりの悪さを感じてしまうというのは、これまでと同じです。もう少し作品全体としての内容というのがはっきり見てくるともう少し盛り上がれるのになぁと思ってしまいます。

タイトル的にはミチコとハッチンな訳ですから、二人の関係性の部分がクローズアップされるんじゃないかと思うんですが、それについても突っ込みが足りないという気がします。醸し出す雰囲気は悪くないし、ミチコというキャラ自体は魅力的で、その辺りは成功していると思うのですが、何か一本通った筋が欲しいなという感じがします。

この辺はマングローブ作品のカラーと言えなくもないかもしれません。ちゃんぷるーの時もそういう感じはありましたからね。まぁまだ話は途中なんで、もう少し先に纏まりを見せてくれるのかもしれません。まだ時間を十分にかけられる話数なので、もう少し様子を見てみないとなのかもしれません。
スポンサーサイト



この作品、前から思っていたんですが、バランスの取り方がもの凄く好みだったりします。主軸の話自体も複雑に絡み合った恋愛モノがベースになっていて、単純なホレタハレタに比べれば見ていて面白いんですが、それだけに留まらず、みのりんの様子を曖昧にして、話の確信をぼかしてみたり、これまでモブ扱いだったキャラを前面に持ってきたりとか様々工夫しています。

更に輪をかけているのが、亜美ちゃんの存在で、彼女がスパイスとしてとても良く効いています。亜美ちゃんというのは他のキャラとは一線を引いた存在として描かれていて、でも不器用な所もあって、とはいえそれなりにアプローチもしていて分かり易いんですが、意地っ張りな所が災いしてか酬われていないという状況になっています。ポジション的に当て馬必死のところで、恐らく本人もその自覚があるというのが面白い。

そこにプラスしてゆりちゃんとかのアクセントも効いています。同様に特筆すべきはやっちゃんで、毎回ワンポイントしか登場してこないんですが、これがまた格別に良い味出しています。それでいて彼女達は邪魔にならない程度で収まっているというところが見事。トータルとして楽しめる内容に仕上がっていると思います。

ここへ来てオープニングも変えて新展開という感じです。なかなか複雑な状況になってきている中で、大河がやや浮いているという感じ。それも含めてどう処理するのか楽しみになってきました。