FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
あらあら、アクセラレーターちゃんってばすっかり良い人になってしまって、心ならずも闘っていた的な事にされてしまいそうです。まぁ根っからの悪人というのはそう多くは居ないでしょうから、状況のなせる技だと言ってしまえばその通りなんですが、それを言い出すと誰が何をやっても大抵の場合許されなければならないという神様状態にならないと行けなくなるので、大抵の場合詭弁か内輪のみのローカルルールにしかなりません。

御阪のシスターズが出てくると彼女達を見ているだけで、楽しめるという特典が付くのですが、それはともかくとして、前回の話はあれで終わりなんでしょうか? やっと科学と魔術が交差するのかと思ったらちょっと拍子抜けです。

今回言われているところのウイルスというものがどういうものなのかに寄りますが、魔術的なものでなければ、魔術サイドは出てくる余地が無くなってしまいます。逆に当麻の右手が活躍しそうな雰囲気はプンプンしています。新オープニングを見る限りだとまだまだキャラは出てくるようで、それだけのキャラをだしながら話を構成して行かなくてはならないとなると、これまたしんどそうだなぁという予感もプンプンしています。
遂にマコちゃん登場です。なかなかこのネタ来ないなぁと思いつつ、その割には普通に南家に出入りしているんで、無いんじゃないかとちょっと心配しましたが、考えてみれば、そんなことがあるはずはありませんね。

あれだけ入り浸っているのであれば、旨く化けていたとしても、当然バレル要素はあちこちでてんこ盛りになるはずで、予想通りというか、ちゃんと見てみれば紙一重というか危険が一杯の状態で綱渡りしているような感じです。

しかしまぁ先入観というものは恐ろしいもので、信じてしまっていればかなり怪しい状況であっても思っている方向に解釈しようとするというのが人間の癖で、客観的に神視点で見ていると逆にしか見えないような事であっても、実際にやってしまっているというのは良くある話だったりします。そういう意味では結構リアルなエピソードなんじゃないかという気がして、益々可笑しさが増幅します。

そうそう、ラストのマグカップネタも結構面白かった。特に買うところ。三人三様の選択の仕方がとってもらしくて、結果として同じものを買ってきてしまうという辺りまで旨く出来ているなぁと感じました。今回はこれまででは一番の出来だったかもしれません。
いつまでも幸せな少女時代を続けていったとしても話としては平坦になってしまう訳で、この状況に終わりは来るだろうと思っていたんですが、いよいよかもしれません。ソヨンは既に様々なことに気付いているようですが、それを明確な形で伝える事はしていません。その辺りが巧妙なんですが、そうしなければならない理由がもう少し明確になってくれればなという気がします。

もし、このままソヨンが罰せられるという事になった時に、果たしてエリンはどうなるのか。そこは当然のことながら見物です。ソヨンは間違った事は何一つしていないとエリンは思っているだろうし、実際そうであると認めているものも大勢いる。けれど、コミュニティと権力構造を維持する為には、そんな事実はなんの意味も持たないというのが世の中という事でしょう。それはまさしく自分達の都合で動物たちを利用するというのと全く同じ構図で人間までも利用するということに他なりません。

組織に属する事は同時に人間性を放棄する事であるということを良く表しています。コミュニティに属していない事に不安を覚える人が良くいますが、それは自らの人間性を放棄しているからです。人間は獣に比べれば弱い生き物で、それ故に群れをなす必要性がありますが、あくまでも有機的に接続される関係性を維持するべきで、無機的な接続を求めたり許したりすれば、それは即人間性の否定に繋がります。掟とか法律とかを絶対視する輩の考え方がまさにこれに相当するでしょう。そんな人間はロボットにでも置き換わってもらった方が余程効率的だということになるだけでしょうね。

これからどんな展開になってくるのか、興味深くなってきました。安易な結論にはならないだろうと期待して続きを見たいと思います。
警察でも軍隊でもそうですが、権力構造の上に成り立っている暴力組織は決して市民の為に働く事はしない。仮に個としそういう意志があったとしても、体としてはそういう動きはしない。それは絶対的な真理で、警察や軍隊が一切信頼にたるものじゃないという理由です。ともかくそのことを端的に旨く描いていたなという気がします。

それだけに琳ちゃんが警察やGGPに下るという話にはして欲しくないし、今のところそういう風にはならなさそうなんですが、かと言ってテロリストになればいいのかというとそれはそれでまた微妙な部分があります。まぁ自分のリスクで勝負に出ているだけテロリストの方が警察や軍隊よりはナンボかマシという気はしますが。

相手が誰であろうと戦闘は相手を倒す事が目的となる訳で、その結果として相手を傷付けたり、殺したりする事もある。それは頭では判っているつもりでも実際にその状況に自分が置かれるとこれまでとは違った感情を喚起する。そこまでは判りやすい展開。それを否定するという立場に立った時に、どのような選択が成立するのかというのがここからの琳ちゃんの選択になるかと思います。

ここまでは成り行きにそう形で描かれていた訳ですが、ここから彼女が決断をするに当たってはもう少し必然性が欲しいところです。琳ちゃんの短いスパンでの感情表現は旨くできていますが、バックボーンについては描けていない部分もあって、彼女自身を理解できるという処まではいっていません。そこが厳しいところです。これまで断片的に出してきた情報を捨てないようにして、彼女の決断を導き出す事が出来れば、彼女の決断に味が出てきて面白くなるんじゃないでしょうか。
幸福とは死である。これは間違いなくある種の真理を含んでいます。幸福になる一番の近道は思考を停止させる事が一つの手段であることは間違いない事実だからです。それを否定するのは自由だし、そのことの意味も判りますが、結局生きるということに無条件な価値付けを行うだけの信仰に依ってそれを為したのではなんの説得力もありません。そこだけ見たのではこの話の価値はゼロで意味無しと言っても良いでしょう。

じゃあ、物語として面白いかというとそうでもなく、まずやはり七星の戦闘力があまりにも弱すぎる。眞姫那は呪いを発動させた訳でもないのに、あっさりと仕留められてしまうのが七星であるならば、何も恐れるような相手ではありません。数で圧倒的に勝っている以上、各個撃破していけばそれで話は付いてしまいます。

戦力が読めない相手に対して、戦力を投入しないというのも意味不明で、戦力が読めないからこそ、その時出せる最大戦力を投入するべきだというのが通常の考え方でしょう。所詮あいては7人しか居ないのだから、逐次倒していけばそれで決着が付くはずなのに、意図的に先延ばしをしているんじゃないかと思える程アホな作戦です。

どうも全体的に話の作りが穴だらけだし、展開も陳腐過ぎて興が冷めます。もう少しきちんと作ってくれれば、設定には面白くなる要素はあるように思うんですが、意図的に詰まらなく作ってるんじゃないかとさえ思える程にもって行き方が奇妙です。
キャラ別エピソードもこれで一巡って事になります。ようやくここから何かがスタートする事を期待しても良いのかな? 世界観もかなり複雑で、その部分の描写もある程度は出せては居ます。とは言っても十分なだけとは思えないので、その辺も徐々に出して行きつつという事になるんでしょうか。

結構真面目な話になっているので、細かい部分も含めて矛盾が出てしまうともの凄く目立つ事になってしまうんですが、キャラの話を個別に作ってしまったが為に、それで結構な話数を使っています。2クールならまぁこの位の贅沢はしても大丈夫だと思うんですが、1クールだとするとかなり厳しい事になりそうです。

雰囲気自体は嫌いではないので、これから旨く話を作ってくれればと思うんですが、単発の話だけで終わってしまうかもしれません。となるとちょっとあっさり気味かなという気がします。どこかで濃密な話が展開出来れば印象に残ると思うんですけどね。
つくづく旨いエピソードが残っていたもんだと感心します。原作のネタが豊富だとこう言う時には本当に助かるでしょうね。この話も結局の処はノーマルとエスパーの関係性にまつわる内容で、オチからするとちょっと単純化しすぎているという印象が強いですが、それでもそう言う実績を重ねていく事がチルドレン達に対して重要な意味を持つだろうという事は想像できます。

結局彼の能力のレベルは幾つになったのかは判りませんが、発動する度にあれだけの力が出せるとなると、普通の人々でなくても恐れてしまうのは自然です。しかも、ノーマルからエスパーに変化した段階では、この話にあるように、復習だとかの私的な用途に超能力を使おうと考える人間も出てくるでしょう。子供であれば、無邪気にとんでもない事をしでかす可能性も十分にあります。

そう言う可能性を加味してバベルなりが調査や対策を進めているんだとは思うんですが、少なくとも今回の件を見る限りでは、十分手が尽くされているとは判断できそうもありません。結果としては良い方に転がりましたが、毎回そうなるとは限らないという事を考えると、真面目に見てみればちょっと恐ろしい事です。

作品として、そこまで細かい部分の整合性を取ってくれるのかはカラー的にも微妙ですが、少なくともノーマルがエスパーを認める為にはその辺の恐怖心を取り除き信頼関係を構築するというプロセスが絶対に必要になってくるだろうとは思います。さて、アニメシリーズでどこまで描けるのか益々興味深くなってきましたね。
精神融合のネタってのは、かなり初期の段階から出ていて、心配ないの一言でずっと塩漬けにされていたんですが、このタイミングで復活させてきました。実際問題として、バーディーとつとむの関係についてはやや停滞気味で、ここまででは動かせるようなネタもなかったので、良い選択だったと思います。

ただし、この時期にこのエピソードを持ってくるという事は、バーディーとつとむの関係が変化する事で、事件に何らかの影響を与えるという展開に持っていく必要はあるでしょう。それをしないと、やっつけになってしまいます。

一つの手として、バーディーの過去の記憶と対面するというのは、今の事件と結びつけるには最善手だと思います。一体つとむがバーディーの記憶の中で何を知るのか、あるいは何をするのかは判りませんが、それでもやや厳しいんじゃないかという予想はたちます。これを旨い事関連づけできれば話の展開が一気に楽になるかもしれません。
普通にいつも通りの感じのネタをやりながら、何気に凄いネタ出しがされました。鞠也が女装をしている理由と、それに対抗するような存在としての妹。これはなかなかに興味深いです。ここまでは状況としては面白かったですが、それを展開出来るような情報が提示されていませんでしたが、この設定があれば、結構遊ぶ事が出来ると思います。

それにしても、かなこさんは不幸の星の下に生まれたんじゃないかと思う位様々な事件に巻き込まれます。朝っぱらからガソリンをかけられ、火を付けるぞと脅され、今度は泥棒の容疑をかけられる事になっています。

まぁ卒倒する程鼻血を出せる環境に身を置いているという事を考えれば、案外バランスは取れているのかもしれませんけど。なんだかんだでかなこさんも学園生活を楽しんでいるように見えますしね。
そうつまり、これまでの話はぜーんぶ前振りで、本編はここからって話って構成なんでしょうか。それであれば、前半のあのどう考えても理解不能なエピソードも許せるかもしれません。勿論それは、今後にそれらについて納得の行く説明が為されればという条件付きですが。

今回についても意味不明な部分があります。しかも相当肝心な部分で。何故ムントの記憶正確には記憶ではないかもしれませんが、それを見ることが悲しいのでしょうか。ムントの生涯が悲しみに満ちていると言いたいのかもしれませんが、そういうエッセンスのみを見せられているようにも思えます。生涯というものは、幾つかの象徴的な部分はあるにせよそれだけで判断してしまえるようなものではないと思うのですけどね。

まぁそういう主観が入るような部分はさておき、何れにしてもその辺りを明確にするべきだろうなと思います。ここまではどんなに贔屓目に見ても訳が判らない話になっているのできちんと納得の行くような説明がある事を期待したいと思います。
こういう話は嫌いじゃない。特に16話の話は気に入りました。女達の感情の微妙な動きを使って粋な話を作り上げたと思います。ヒロシを追いかけてきたミチコとその先に居た女ですから、普通に考えれば修羅場になるんですが、そういう単純な構成にしないで、何とも言えない味のある展開になっていました。

ミチコに対して可愛いという表現が使われていましたが、まさしくそれが重要な要素で、その部分が表現できていないと、単なる巫山戯た女でしか無くなってしまいます。可愛らしさを感じられることで、ミチコというキャラに対して思い入れが深くなります。

17話の方は一転してハッチンに対する表現が面白かった。特に子供二人で残されたシーン。ハッチンがキレた時の言動は、まさしくミチコで会ったように思えます。それにしても不思議なのは、なぜ急にIDを取ることになったのかと言う部分がはっきりしません。結果としてIDは取れたという展開だったと思うので、次回以降どういう話になるのか、楽しみになりそうです。
いよいよ本格的な刺客登場なのか?と思いきやまさか完全にフェイクだったとは思いませんでした。内容的には、外見上穏やかな道場の一日という感じなんですが、相変わらず鷲津の妄想は激しく、魅せてくれるモノになっています。

あれだけ女の子に入れ込めれば、それが成就しなかったとしてもある意味幸せなんじゃないだろうかと思ってしまいます。それに引き替えて与一の方ですが、どうも何をしに来ているのかよく判らないという状態が続いています。まぁ街に降りてきた理由からして微妙な内容ではありましたが、あまりにも何気に過ごしているように見えて、ちょっと拍子抜けです。

勘違いネタはそれなりに散りばめられていますが、それにしてももう少し能動的に行動してくれても良いんじゃないのかなという気がします。このままだと展開も毎度同じようなパターンになってしまいがちなので、ここらで変化を付けてくれると更に盛り上がるんじゃないかという気がします。
そもそもパワーを性格に三人の人間に分けられるような技術があるのであれば、最初から一人の人間に全てを注ぎ込んで、しまった方が良いような気がしないでもない。三人分の経験を得るというような意味合いがあるのかもしれないけれど、出会わなければそれでお終いというのではいささか効率が悪いのではないだろうか。まぁ効率よりもより強固な人間を作り上げるという事に主眼を置いたという事なのかもしれません。

今回のネタはなかなか強烈だったんですが、契約者が死ぬという事以上に、サブが元神霊と契約する事がそもそも無理があるという事実の方かもしれません。となると、元神霊自体が一体どのような意味を持つのかという部分が非常に興味があります。

どうしても戦闘に特化したかのような部分が有りますから、何らかの戦いを想定している部分が有ると思うんですが、だとした時に、ルートにのみ元神霊との契約が許されるという事になると、あまりにもハンデが付きすぎているように感じます。

元々ルートを守るというか、ルートに勝利させることを目的としたシステムであるということになれば理解は出来るんですが、それだけ巧妙な仕掛けを社会全体にはびこらせる事に成功したとなると、それを覆すのは難しいというかほとんど不可能に近い事になるんじゃないかという気がします。

これだけのネタを仕込んで風呂敷を広げてしまった以上、それなりの結論を出してくれる事を期待してしまうのですが、かなり厳しい状況が待っているなという気がします。ここからどうやってこの状況を打開していくのか楽しませてもらえればと思います。
ラブコメとしては非常に良い出来に纏まっていると思います。ただしそれがとらドラという作品にマッチしているかというと微妙だとは思います。大河と竜児の関係が発展しそうでなかなか進まないという状態が長らく続いてきましたが、これで少し変化が起きるのかもしれません。大河ネタをやっている時に、変化を付けるのが最もオーソドックスだとは思うのですが、あえてそれをせずにこれだけの大ネタを展開させて、多くのキャラを動かしつつそれぞれのポジションというのを微妙に変化させていくというのはなかなか見事だったと思います。

どのキャラもみんな他の人の為に的な考えを持っていて、それでも割り切れないで居るというような微妙な位置関係の構築に成功しています。やや無理があるかなと感じる部分も無くはないですが、許容範囲に収まっているでしょう。

さて、ここまでグチャグチャにして、どう収拾するのかというのが一番重要な部分です。ここまでがどうであったとしても、ここからが駄目だと全部失敗という事になってしまいます。誤魔化さないできちんと納得の出来る収束を用意して欲しいです。
いや、本気で本筋に入った方がいいんじゃないかという気がします。既に恨みでもなんでもないという話が何本も出てきてしまっています。それじゃ深刻さもなければ感慨も無い、風刺としても甘いし、話として何かしらの意味を持っているようにも見えない。しょうもないネタをただただ見せられているだけになってしまいます。

こんな話ってのは、シリーズ前半辺りに1本位ならアリだとは思いますが、もう後半戦に入っているし、なによりも前半にこんなような内容は既にやっています。正直やる事無いなら1クールで纏めればいいのにというのが感想です。
瞳子ちゃんが祐巳の自宅に来る話ってこんな雰囲気だったっけか? とちょっと首をかしげるような感じはありましたが、話としては順調に進んでいます。淡泊な感じなのは相変わらずです。4期でどこまでやるつもりなのか判りませんが、半分位のペースでも良いような気がします。

それにしても志摩子さんはほとんどエスパーなんじゃないかという勘の冴えを見せてくれています。どうしても、話が祐巳と由乃に偏りがちで、志摩子さんとしてはある種完成された薔薇さまとしての表現に終始してしまうというのはこの段階では仕方のない事かもしれません。

一応設定的には前回の続きという事になっているのですが、話の切り替わりが早すぎるせいか、展開が早すぎて今ひとつ盛り上がりきらないからか、繋がりが悪いように感じられます。情報量の多さがマリみてアニメシリーズの売りではありますが、流石にこのスピードはちょっと厳しいんじゃないかなという気がしてきました。

せめて瞳子関連位はもう少し丁寧に描いても良いんじゃないかなと思うんですけどね。
シュタインを探すのは良いけれど、メデューサに取込まれているのは判っていたはずで、にも関わらず正面から乗込んでいくとなると、通常何らかの策があるのが普通です。けれど、とりあえず今回見た限りではそういうところが見られません。それがまず謎です。

結果としてマカが来なければという危機一髪の状況になりました。話自体が真面目に作られていただけにそういう異常な行動が目に付くし、興を削ぎます。所々こういう不可思議で理解不能な言動がある為に話が安っぽく見えてしまいます。

折角三つ巴にしたのだから、これであっという間にその一つが終りって事はないでしょうが、数の面で圧倒的に不利なメデューサがどう出てくるのかが気になります。更にはマカの存在が問題で、彼女がこれ以上出しゃばるとなると、死武専は約束を反故にしたということになりますから、その辺も旨く使って欲しいところです。

時間をかけて周到に作って来た状況ですが、ここで失敗すると台無しになりかねません。気をつけて進めてくれればなと思います。
ここへきてようやっと魔術と科学が交差しそうな話が出てきました。いあぁ本当に長かったですねぇ前置きが。アバンのインデックスも楽しかったですが、今回の見物はなんと言っても一気にしおらしくなってしまった御阪でしょう。すっかり恋する乙女モードに入ってます。

上条当麻とその仲間達が驚異だという認識は全く正しく。客観的に見れば、その結束が弱い内に叩いておけというのも正しい判断でしょう。実際インデックスは当麻の家に居着いているし、ネセサリウスの面子も当麻には結構な借りがあります。更にどこの音無小夜だって感じの能登は居るし、御阪も居るしってことになれば驚異と感じない方がむしろ異常です。

まぁそれで命を狙われるとなれば、当人達にそういう認識がないだけに理不尽極まりないという事になるでしょうが、その状況は少なくともこれまで出てきた前置きにしかなっていないエピソードに比較すれば格段に興味深いものです。

まさに魔術と科学が交差する時にはじめて物語が始まったという感じですね。もう18話ですけど…
うわー仏の力かよ、ひでー解説だなぁおい。ほとんど最悪。で、七星の一人はあっさりとやられてしまいました。あれだけ引張っておいてなんて弱い。確かに他の屍とは幾らか違いがあるかもしれませんが、それにしてもあんな弱さならとっくの昔に誰かに狩られているというのが当然でしょう。

明らかに眞姫那の呪いの力を強調するための出汁に使われています。展開としては酷く陳腐。はっきり言ってどん引きのレベル。しかも、七星は二体確認されているにもかかわらず一体倒しただけで完全に息抜きモードというのも出来の悪さを露呈しています。

お胸様に関しては、なかなか面白く、幸せを求めるなら死ねば? というのは全くその通り。幸せというのはその程度のもので、それを求めるのは人間としての理性の放棄を究極的には意味します。その点に関するアイロニーに関しては同意なんですが、それを一体どういう風にして覆すのかが楽しみではあります。期待はできそうもありませんが。
オムライスの具に真実と敵対を入れると美味しいらしいです。早くKazuSさんに食べてもらえるように明日から特訓です!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
今回は結構面白かったかもしれない。マキちゃんと内田が良い味出していました。が、まだこれまでのシリーズ程のパワー感が感じられないという気がします。夏奈はともかく、千秋が弱いという感じがするのもこのシリーズの弱点になっていて、ノリ突っ込みもそこまで行くと単なるボケでしかないだろってのが多すぎな気がします。

なんかいきなり夏休みで、しかも1話でその夏も終わってしまうというのも淡泊な気がします。夏休みにやったことって、海へ行ってスイカ食べて終わりかよって突っ込みたくなってしまいました。

無理矢理同じ路線のネタを集めている関係上、構成が難しくなっているのかも知れませんけど、なんか展開が唐突かつ急激過ぎやしないかと思います。作画の質も相変わらずの状態で、これはもう期待出来そうもないですね。なんというかやっつけで作られているとう感じが強くしてしまいます。
やや無理矢理な感じはありますが、その辺りのフォローについても琳ちゃん自身が自分を理解できていないという形デフォローを入れつつ着実に話は進行していきます。確かに細かいところに拘って話が停滞する位なら、思い切って突破してしまえという方が良い結果を生むかもしれません。

彼女の素性を知らない人間からしてみれば、当然あれだけのライディングを見せられれば魅力的に見えるはずで、あちらこちらからエールがかかり、琳ちゃん獲得競争が勃発しそうな勢いです。彼女自身の感覚として、危険を楽しんでいたと語られて居ますが、恐らくは緊張感を喜びに変えるという技術なり感性なりを持ち合わせているという事でしょう。バレーでもそうですが、芸術やスポーツでは、過度な緊張感を力に変える事が出来ないとまず大勢はしません。

ただ、当然戦闘という事になると、それらとは似て異なる世界ですから、巻き込まれたあるいは飛び込んだ後にそのギャップに苦しむというエピソードが用意されているのかもしれません。ペースと尺を考えると、琳ちゃんが何らかの決意をしたところで第一シリーズ完という可能性もあるかもしれませんね。

ただ、このまま話が進んでいってしまうと、折角キャラとして作り上げたライドバック部の面子を使い捨てにせざるを得なくなるので、その辺はちょっと勿体ないかなという気がします。ここでの琳ちゃんの葛藤は重要だとは思いますが、部活としての時間を引っ張れば引っ張る程バランスが取りにくくなってしまいます。

それとも、なんだかんだでスポーツとしてのライドに留まるという流れなんでしょうかね? まぁそれはそれで悪くはないとは思いますけど。
話としては良い感じになっていましたが、やはり確信については目一杯ぼかしていました。最終的に結論を出さずに終わらせるという事であればこれしか手がないのかもしれません。逆にもし何らかの結論を出して終わらせる気があるのであれば、もう少し情報を出した方が良いんじゃないかという気がします。

キャリーの成長速度はもの凄く早いという設定で、隠れていた間の成長は止まっていたとしても、既に成人女性の精神年齢に近付いている、あるいは越えているという事は十分に考えられます。となれば、彼女の行動には何らかの目的があるはずだというのは自ずと出てくる結論で、勿論その一つは皆本と遊びたいという事だったのかもしれませんが、それだけでは弱すぎます。チルドレンのことを予知したとするなら、素晴らしい予知能力で、コメリカでなくても手を出したくなる能力でしょう。

それにしても、これでは単純にキャリーの個人的興味によって問題が引き起こされたという結論になってしまっています。これをさらに先の未来予知に繋げられるようなネタを咬ませればより一層面白くなったのにという気がしますね。
しかし、本当に真面目にというか決りどおりキャラ一人一人のエピソードを重ねて言ってます。そのやり方が駄目だとは言わないんですが、それにしても各エピソードの関連が全く無い状態だし、繋がりを認識できる程の設定も見いだせません。

それぞれの話自体はまぁまぁそれなりではあるんですが、やっぱりシリーズとしての内容が伝わってこないと盛上がってきません。まぁ一巡してからそういう展開が見られるのかもしれません。一応そこまでは期待して待ちたいと思います。
獣の医者は獣の為にあるのではない。それは素晴らしい悟りの局地だと思うし、まさしく真実でしょう。人間は基本的には自然と敵対して成長してきたという歴史があって、そのやり方で行く限りエリンが思っているような世界は出来上がらない。

それを変えるのは簡単な事ではなくて、これまでの生活を根底から覆す事になるような本質的な問題に発展してしまうでしょう。話の流れからすると、どっかの団体が騒いでるような単純な自然との共存を訴えるような内容にはならないでしょうから、こういう問題の建て方をして、それに対してどのような結論を持ってくるのかとても興味深いです。

大人になるという事がソヨンの考え方を受け入れることとイコールになってしまうとそれはそれで話として捻りがない。ですから、何かしらの発展系が見られるとは思います。それがどこから分岐していくのか、これからの展開には注目ですね。
しかし、前回までのエピソードもそうでしたが、今回の話もなんというか問答無用な展開です。設定がよく判らないというか、明らかにしないままにどんどんと展開させているので、話の整合性が見えないというか無いというのが正しいでしょう。つまりなんでもアリです。

そもそも前回のエピソードですら、謎ばっかりでさっぱり判らない内容だったのに、それを勝手に踏まえられて次の展開に持ってこられても、付いていくのは厳しいと言わざるを得ません。はっきり言って無茶苦茶です。

無茶苦茶な話になっているので、キャラに対する感情移入も出来ない状態。なんかもう傍観者モードになってしまっていて、単に神と呼ばれる超人的な力を持つ連中の戦争をただ見せられているとしか思えませんでした。

まだ序盤なんで、これからって事なのかもしれませんけど、どうせ作るならもう少し丁寧に作れば良いのにねって気がします。
小ネタ系で進行しています。これはもう最後まで小ネタで突き進むのかもしれません。新房監督お得意の繋がりネタが効いているので、それなりの纏まりは見せていますが、舞台設定が面白そうなだけに、ちゃんとした話になればなぁという思いはあります。

こういう展開だとどうしてもキャラのカラーが極端になりがちで、もうかなこちゃん辺りは既に人としての理性を維持しているかどうか微妙な辺りになっています。逆にかなこちゃんのクラスメートネタが多いせいか、鞠也に関してはもう一つ目立てないという状態で、彼女?の活躍がもう少し欲しいところではあります。

出来るだけ多くのキャラを動かした方がより面白くなると思うのですが、今のところまだそれぞれのキャラに対して色付けをしているという状態が続いています。学園モノとなるとキャラが多くなるので、それだけで終わってしまわないことを期待したいです。
結局最終的には地獄通信というシステムを否定する方向に話が行きそうな感じですね。そのこと自体は悪くはないと思うのですが、問題は撫ぜそうなのかという部分がどの位明確になるかでしょう。現状では、かなり曖昧で遠回しな表現がなされているだけで、この状態では説得力は今ひとつというのが正直なところです。今回の話はそういう意味で面白いとはおもいますが、やはり突っ込みが足りない部分があるようにも感じます。

人間が生死に対して挑戦するのは神への冒涜だ的な展開になっていますが、それについての善悪は特に明示されている訳ではありません。となると、山童の感傷のみが今回の話のキーになってしまいます。それは何かを理由付するには弱すぎます。

お嬢も何かを考えているような節はありました。それは今回に限らずシリーズの端々で見られたことですが、結局何を考えているのかは未だに判らずじまいです。もうそろそろ話数的にも佳境に入ってくるので、もう少し詳細な情報が欲しいかなと言う気がします。
ひょっとしたら結構凝った話なのかもしれないという気がしてきました。ナタルの話がメインですが、このペースで話が進むとなると、単純にそれだけでは終わらないんじゃないかと思われます。もう一つ二つくらい何かが挟まれるか、その後のエピソードが無いとちょっと持たないような気がします。

前シリーズはバーディーそのものにフォーカスを当てた話というのを割と自然に展開出来たので、おまけ的な話も作りやすかったんですが、今回はその辺りは既に前提になってしまっているので、話の上澄みをどうやってやっていくのか興味があります。

今のところは無難な展開になっていますが、それは逆に言えば特筆するべきものもないという事になってしまっています。そう言う意味ではアクセントが欲しいというのが正直なところで、そのポイントをどこに持ってくるのかシリーズ構成的にはまだ余裕があるように感じられるので、期待したいですね。
スローペースな感触は否めませんが、それでも徐々に展開してきています。今状況では現状を打開するのはかなり難しくなってしまっていて、それを変化させるのに、舞台を変えるというのはなかなか良い手立てだと思います。徐々に謎が解けていくという方向に話を進めていくんだと思うんですが、当然ながらポイントはその後どうするかという事になってくるので、あまり舞台設定に手間暇をかけすぎない方が良いだろうとは思います。

そもそも戦いに巻き込まれたという形式を取ってしまっているので、本質的に戦いを行う理由が確立されていないというのが難しいところです。徐々に強靱な相手が出てくる事は予想できて、その過程の中では当然本気で命の危険を感じるような場面も出てくるでしょう。そう言う時に一体どうなるのかというのが一つの課題になってくるんじゃないかという気がします。

まだ、話としての骨子がきちんと出来上がっていない状態なので、これからという感じがします。出来るだけ早く話を確立させるのが得策でしょう。