FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
話としては良くあるネタをベタにやっているという感じではありますが、それだけに手堅いということも言えるかなという感じ。それなりに無難に作っているという印象があります。

ただ、どうしても作品としての骨子が見てこないという印象が強く、それぞれの話の繋がりの悪さが気になります。それなりに真面目菜展開をしていて、エピソードを重ねるごとに徐々に世界観も出てきてはいるんですが、話のネタがあまりにもバラバラにし過ぎているのは損しているんじゃないかと思います。

まだ序盤なんでそう言う事になっているのかもしれませんが、早いところ話を組み立てる方向にもって行った方が良いんじゃないかなと思います。
スポンサーサイト



この話は解釈次第でどうとでも持って行けるネタなので、この時期まで取っておけたというのは大きいですね。今、どんなネタを持ってくるのか選択が難しい時期ですが、これであれば適切でしょう。

エスパーとノーマルの関係、超能力と現実の問題、そしてそれらに対して皆本達がどう退治するかというのは、作品全体に関わってくる内容になります。ましてや、キャリーは皆本と直接関わってきた訳ですから、キャラとしても申し分ないでしょう。

原作どおりに作ってしまったのでは単なるエピソードで終ってしまうと思いますが、一工夫すれば巧い具合に本編に絡んでくれるんじゃないでしょうか。巧く処理してくれることを期待したいです。
演出的に相応あおってはいたけれど、結局描かれている内容は良く判らないというのが実際のところ。メインのムントの話にしても、結局ユメミとムントの世界が一瞬繋がることで解決ってことになった訳だけど、その意味がさっぱり理解不能。結局ムントの言うことを信じたかどうかってこと? つまり信仰が神の国を救ったって話? 仮にそうだとしても偉く陳腐な話だ。

スズメの話にしても、あれをなんで結婚と表現したのかが不明。川を渡ったからって何になると思っていたのかも不明。野次馬どもはなんであれを見て盛上がるのかが不明。それを見てなんでユメミが決断できたのかも不明。つまり、何を描いているのかさっぱり判らない。

うーん、意味不明なものを見せられても、感想の書きようが無いってのが正直なところですね。
綺麗に纏まった最終回でした。しかしながら、個人的にはこの纏め方はあまり好みではありません。もう少し正確に言うならば、纏め方の問題では無いでしょう。前期も含めて話の展開上、この結末はある種の必然性をちゃんと持っています。それだけに綺麗に纏まっているという印象はあります。話を無視して結論だけ体裁を整えようとすると失敗するというのは、昨年末喰霊が身を以て証明してくれました。

作品全体を通じてのキーとなるのは雨宮優子であるというのは、前作からも見える内容で、それだけにラストが優子で終わるというのは正解だし、基本的に悪人は居ないという設定ですから、内容的にも無理はない。前作の段階で、優子は問題に介入はしてきているものの、声を掛ける止まりでそれ以上の積極的な接触はしてこない。

そういう条件ですから、優子とそれ以外のキャラ達の接点や関係性が薄くなるのはどうしても仕方がない。というか、火村以外のキャラは優子の正体や素性もしらないままで終わってしまっています。屋上の鍵のような小道具を使ってはいますが、結局の処優子とそれ以外のキャラは無関係といっても差し支えないでしょう。

どうように火村に関しても、各エピソードとの関係性がかなり弱い。それは意図的にそうしているんだと思うんですが、それをもって優子のラストで物語が閉まってしまうというのは個人的にどうもしっくり来ない感じがします。まぁこれはあくまでも個人的な趣向、あるいは感覚の問題であって、僕と異なる感じ方をした人も存在するんじゃないかというのは想像できます。作品としての出来はしっかりしたものであったと思うし、結構複雑な話だったにも関わらず、しっかりと話を作ってあるし、演出も素晴らしかったし、キャラもきちんと描けていました。そう言う意味では高い次元での話ではあります。が、やっぱり、シンプルな恋愛モノという解釈が成立した前作の方が好みだったかなというのが印象です。