FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ひょっとしたら結構凝った話なのかもしれないという気がしてきました。ナタルの話がメインですが、このペースで話が進むとなると、単純にそれだけでは終わらないんじゃないかと思われます。もう一つ二つくらい何かが挟まれるか、その後のエピソードが無いとちょっと持たないような気がします。

前シリーズはバーディーそのものにフォーカスを当てた話というのを割と自然に展開出来たので、おまけ的な話も作りやすかったんですが、今回はその辺りは既に前提になってしまっているので、話の上澄みをどうやってやっていくのか興味があります。

今のところは無難な展開になっていますが、それは逆に言えば特筆するべきものもないという事になってしまっています。そう言う意味ではアクセントが欲しいというのが正直なところで、そのポイントをどこに持ってくるのかシリーズ構成的にはまだ余裕があるように感じられるので、期待したいですね。
スポンサーサイト
スローペースな感触は否めませんが、それでも徐々に展開してきています。今状況では現状を打開するのはかなり難しくなってしまっていて、それを変化させるのに、舞台を変えるというのはなかなか良い手立てだと思います。徐々に謎が解けていくという方向に話を進めていくんだと思うんですが、当然ながらポイントはその後どうするかという事になってくるので、あまり舞台設定に手間暇をかけすぎない方が良いだろうとは思います。

そもそも戦いに巻き込まれたという形式を取ってしまっているので、本質的に戦いを行う理由が確立されていないというのが難しいところです。徐々に強靱な相手が出てくる事は予想できて、その過程の中では当然本気で命の危険を感じるような場面も出てくるでしょう。そう言う時に一体どうなるのかというのが一つの課題になってくるんじゃないかという気がします。

まだ、話としての骨子がきちんと出来上がっていない状態なので、これからという感じがします。出来るだけ早く話を確立させるのが得策でしょう。
これまでずっとミチコ関連の話が続いて生きていて、ついにハッチンのターンです。ハッチンにも浮いた話がついにきました。ミチコとの関係性が希薄なのは未だに進行形ですが、それを改善する為にも、ハッチンが少しずつ成長していくという過程を描くことは有効でしょう。

全体の位置付けとしてはそんな感じだと思うんですが、単体として見るとなかなか良い感じの初恋物語になっていたと思います。ハッチンらしく自分の立場というものを考えながら自分の気持と対峙していく様。自分の感情を巧くコントロール出来ずに困惑する様。そういうものを巧く表現できていたと思います。

毎度の事ながら、個別エピソードとしての出来は悪くないので、それを有機的に繋げる要素をいかに作り出すかというのがポイントになってきそうです。徐々に話数も進んできたことだし、そろそろ何か動きが欲しいところです。
ありがちなデート話。もう少し色々といじってあげても良いのかなと思いましたが、まぁ無難なところに落ちていました。ハーレムものの基本通りそれぞれのキャラでとりあえずエピソードを作る方式。今回は長女編だけあって、それなりに気合は入っていました。

まだ初期設定なんで、新キャラも続々登場という感じです。積極的にあちこちから狙われることになっていますが、その割には道場もよいちにしてもパッとしない状態で、そのギャップはやけに違和感があります。

そうは言っても、それ程キャラの数が多い訳でもないので、何か新しい展開を持ってこないと厳しいんじゃないかなと言う気もします。次回以降そういうものを期待したいですね。