FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
オムライスの具に真実と敵対を入れると美味しいらしいです。早くKazuSさんに食べてもらえるように明日から特訓です!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
スポンサーサイト



FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
今回は結構面白かったかもしれない。マキちゃんと内田が良い味出していました。が、まだこれまでのシリーズ程のパワー感が感じられないという気がします。夏奈はともかく、千秋が弱いという感じがするのもこのシリーズの弱点になっていて、ノリ突っ込みもそこまで行くと単なるボケでしかないだろってのが多すぎな気がします。

なんかいきなり夏休みで、しかも1話でその夏も終わってしまうというのも淡泊な気がします。夏休みにやったことって、海へ行ってスイカ食べて終わりかよって突っ込みたくなってしまいました。

無理矢理同じ路線のネタを集めている関係上、構成が難しくなっているのかも知れませんけど、なんか展開が唐突かつ急激過ぎやしないかと思います。作画の質も相変わらずの状態で、これはもう期待出来そうもないですね。なんというかやっつけで作られているとう感じが強くしてしまいます。
やや無理矢理な感じはありますが、その辺りのフォローについても琳ちゃん自身が自分を理解できていないという形デフォローを入れつつ着実に話は進行していきます。確かに細かいところに拘って話が停滞する位なら、思い切って突破してしまえという方が良い結果を生むかもしれません。

彼女の素性を知らない人間からしてみれば、当然あれだけのライディングを見せられれば魅力的に見えるはずで、あちらこちらからエールがかかり、琳ちゃん獲得競争が勃発しそうな勢いです。彼女自身の感覚として、危険を楽しんでいたと語られて居ますが、恐らくは緊張感を喜びに変えるという技術なり感性なりを持ち合わせているという事でしょう。バレーでもそうですが、芸術やスポーツでは、過度な緊張感を力に変える事が出来ないとまず大勢はしません。

ただ、当然戦闘という事になると、それらとは似て異なる世界ですから、巻き込まれたあるいは飛び込んだ後にそのギャップに苦しむというエピソードが用意されているのかもしれません。ペースと尺を考えると、琳ちゃんが何らかの決意をしたところで第一シリーズ完という可能性もあるかもしれませんね。

ただ、このまま話が進んでいってしまうと、折角キャラとして作り上げたライドバック部の面子を使い捨てにせざるを得なくなるので、その辺はちょっと勿体ないかなという気がします。ここでの琳ちゃんの葛藤は重要だとは思いますが、部活としての時間を引っ張れば引っ張る程バランスが取りにくくなってしまいます。

それとも、なんだかんだでスポーツとしてのライドに留まるという流れなんでしょうかね? まぁそれはそれで悪くはないとは思いますけど。