FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
キャラ別エピソードもこれで一巡って事になります。ようやくここから何かがスタートする事を期待しても良いのかな? 世界観もかなり複雑で、その部分の描写もある程度は出せては居ます。とは言っても十分なだけとは思えないので、その辺も徐々に出して行きつつという事になるんでしょうか。

結構真面目な話になっているので、細かい部分も含めて矛盾が出てしまうともの凄く目立つ事になってしまうんですが、キャラの話を個別に作ってしまったが為に、それで結構な話数を使っています。2クールならまぁこの位の贅沢はしても大丈夫だと思うんですが、1クールだとするとかなり厳しい事になりそうです。

雰囲気自体は嫌いではないので、これから旨く話を作ってくれればと思うんですが、単発の話だけで終わってしまうかもしれません。となるとちょっとあっさり気味かなという気がします。どこかで濃密な話が展開出来れば印象に残ると思うんですけどね。
スポンサーサイト



つくづく旨いエピソードが残っていたもんだと感心します。原作のネタが豊富だとこう言う時には本当に助かるでしょうね。この話も結局の処はノーマルとエスパーの関係性にまつわる内容で、オチからするとちょっと単純化しすぎているという印象が強いですが、それでもそう言う実績を重ねていく事がチルドレン達に対して重要な意味を持つだろうという事は想像できます。

結局彼の能力のレベルは幾つになったのかは判りませんが、発動する度にあれだけの力が出せるとなると、普通の人々でなくても恐れてしまうのは自然です。しかも、ノーマルからエスパーに変化した段階では、この話にあるように、復習だとかの私的な用途に超能力を使おうと考える人間も出てくるでしょう。子供であれば、無邪気にとんでもない事をしでかす可能性も十分にあります。

そう言う可能性を加味してバベルなりが調査や対策を進めているんだとは思うんですが、少なくとも今回の件を見る限りでは、十分手が尽くされているとは判断できそうもありません。結果としては良い方に転がりましたが、毎回そうなるとは限らないという事を考えると、真面目に見てみればちょっと恐ろしい事です。

作品として、そこまで細かい部分の整合性を取ってくれるのかはカラー的にも微妙ですが、少なくともノーマルがエスパーを認める為にはその辺の恐怖心を取り除き信頼関係を構築するというプロセスが絶対に必要になってくるだろうとは思います。さて、アニメシリーズでどこまで描けるのか益々興味深くなってきましたね。
精神融合のネタってのは、かなり初期の段階から出ていて、心配ないの一言でずっと塩漬けにされていたんですが、このタイミングで復活させてきました。実際問題として、バーディーとつとむの関係についてはやや停滞気味で、ここまででは動かせるようなネタもなかったので、良い選択だったと思います。

ただし、この時期にこのエピソードを持ってくるという事は、バーディーとつとむの関係が変化する事で、事件に何らかの影響を与えるという展開に持っていく必要はあるでしょう。それをしないと、やっつけになってしまいます。

一つの手として、バーディーの過去の記憶と対面するというのは、今の事件と結びつけるには最善手だと思います。一体つとむがバーディーの記憶の中で何を知るのか、あるいは何をするのかは判りませんが、それでもやや厳しいんじゃないかという予想はたちます。これを旨い事関連づけできれば話の展開が一気に楽になるかもしれません。