FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
クロがどれ程の力を持っていたにせよ、現状では戦力差があまりにも離れすぎているというのが事実ですから、それを埋める為に助っ人の存在というのが必要な状態である事は明確だったでしょう。とは言っても、まだまだ埋まったとまでは言えませんが。こういう話の場合どうしても、個々の存在を過大に表現する為に、一人の力を必要以上に大きく描く場合があるんですが、普通に考えればそんな簡単なものじゃないので、それはインチキ技だったりします。

もし、クロをそれだけの存在にするのであれば、余程の理由付けをする必要が出てくるでしょう。それだけに慶太に隠された秘密というのがなんなのかが気になるところ。エクセルさんもご執心のようだし、そこの部分が気になります。

今回大分ネタが出てきましたが、まだ元神霊という存在がなんなのかという肝心な部分が明かされていません。慶太がサブである以上ルートも存在するんでしょうから、その存在も気になるところです。まだまだ隠し球は随分と残っている状態です。結構なペースで進めても十分な設定になっていると思うので、盛り上がっていく事を期待したいです。
スポンサーサイト



お約束の水着回ですが、その割には控えめな感じはしました。各種美少女を取りそろえている割にはキツメのお色気ネタは無しというのが作品としてのカラーになっていて、けれども与一だけは酷くドツかれるというある種のギャップがポイントになっているのかもしれません。

いぶきさんとか、エッチなのはいけないと思いますな方針の割にはかなりきわどい水着を付けていたりしていて、キャラ的にどうなんだろうかと考えてしまう程でした。基本路線はあやめちゃんをネタにしてというのも定型化してきているんですが、そういう立場に追い込まれるに伴って、酬われ無さ度が上がり、反比例して可愛さがアップします。他の姉妹達が比較的素直に生きているのに比べてやけに不器用というのもチャームポイントですね。巨乳姉妹の中で何故か一人だけというのもポイント高いかもしれません。