FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
テロリストに対して正義か否かを問うたところでなんの意味もない。平和的解決を目指すのはなかなかに崇高かもしれない。経済支配は暴力であるというのは近代以降の社会においては真実ですが、経済支配は経済の発展という視点から見れば正義でしかありません。効率という意味では最も正解なのが弱者切捨てなのは当然です。

簡単に答が出せるような問題じゃないと思うのですが、それについて一体どういう回答を持ってくるのか興味深いです。安易な精神論や信仰で片付けてられてしまう可能性がどうしても高いように思えるのですが、ポスト資本主義を模索するという意気や良しと感じます。

今のところまだ前振りで終ってしまっていますが、これを真面目に描こうと思うなら相当シンドイと思うので、頑張って欲しいところです。
スポンサーサイト



先頭はど派手です。まぁ神様と神様の戦争な訳で、理屈も法則もあったもんじゃないという条件でやってますから当然と言えば当然です。話としては今回も変らず結論としては訳がわからない。で、ユメミがなんでそんな力を持っているのかという最大の疑問を筆頭に、もう突っ込んだだら負けとでも言いたげな状態になっています。

自分自身が訳の判らない状況の当事者になった時どうするのか? という意味での話は成立していると思います。いきなり正体不明の兄ちゃんに、未来を救ってくれと言われた時にどうするのかというのはかなり難しい選択で、そんな中で前向きな選択をするというのは、客観的に見ても立派なもんです。

その展開まではそれなりに盛上がってきましたが、要はそこからどうするのか、あるいはどうなるのかというのが重要なところ、これからが本番ということでどういうことになるのか期待して待ちたいと思います。
メインのネタは早々にバレてしまってオチは読めてしまったんですが、それ以上に今回は桐さんの可愛らしさが強調される回でした。相変らずかなこさんは絶好調で、暴走気味なんですが、それによって桐ちゃんのストレートな表現が緩和されるという逆オブラート状態になっています。

女子高生達が思い悩むには丁度良い感じのエピソードに仕上っていて、それをらしい演出で見せてくれています。結局は鞠也が良いところを取っていくという構成になっています。作品の構成的に鞠也が相応のポジションを確立できないと話を作りにくくなってしまうと思うので、こういう自然な形で鞠也のキャラを作っていくのは必要な事だと思います。

弓弦ちゃんの可愛らしさもなかなかで、今回はこれまでの話の中では一番キャラ達が光っていたかなという感じを受けました。そろそろ一巡してきたので、これからひと味違った話が出てくるんじゃないかなと期待したりしています。話数的にも良い頃だし、ここまでを踏まえて面白い話が出てくればいいなと思っています。
バーディーの過去話に入った訳なんですが、引っ張ります。まさか1本使ってさわりで終わりだとは予想していませんでした。ナタルについてはこの過去話で事実上ネタ出しされることになるんだろうと想定できるとはいえ、流石にペースが遅いなと感じます。まぁロリなバーディーは確かに可愛かったんですが、あまりにも純朴過ぎて世界を全く理解できていないという設定になっているところがちょっと微妙かなぁという感じはしました。

個々まで引っ張ったからには次回の展開には期待したいところなんですが、盲目的にイメージ先行で他人を判断するというのは大衆の特徴で、未来や宇宙に行かなくても頻繁に見られます。それは大衆の最も下品で野蛮な行為の一つなんですが、それではナタルの行動の説明が付かない。テロを引き起こした連中を直接恨むというのはストレートではありますが、本質とはずれてしまっているようにも思えます。

また、今回までの内容ではナタルに対する描写がもう一つで、彼のキャラクターがどういうものなのかが今ひとつ見えていません。それも含めて次回旨く作れればその後の展開に説得力が出てくるんじゃないかなという気がします。
死に対する意識を考えさせるエピソードになっていました。こういう話こそが最も地獄少女に相応しいと思うんですが、ほとんど初めてと言っていいくらいこれまでありませんでした。満を持してと言う感じなんですが、その割には結論らしきものは曖昧なままで中途半端になってしまっているのが残念です。

話の方向性としては地獄通信システムを否定する方向に行くんじゃないかという気がするんですが、今回のエピソードはそれとは逆の方向に話が進んでいます。死というものを肯定的に受止めることができること自体は判らないでもないですが、それと地獄通信のシステムはそれなりに隔りがあります。そのギャップをどう埋めていくのかがポイントになるだろうと思います。

結局、地獄通信というのは、人の生死をお気楽に左右することを許可するというシステムで、その判断もほとんどされていないに等しい状態になっています。ノーマルに考えるならそれは許される内容ではないと思うのですが、それを否定するのに安易に生を賛美するだけでは安っぽくなってしまいます。そのためにとりあえず死とは何かと言うものを問うことは意味があると思いますが、そういう方向に話が進んでいくのかちょっと怪しいという気がしてしまいます。