FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・←何に見えますか?ヒントは良いです

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
スポンサーサイト



FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
選挙自体はロサ・カニーナ時の焼き直しだし、その時以上にブゥトンの基盤は盤石だった訳だから意味はあまりありません。当然焦点は結果以外の部分にあって、一つは瞳子ちゃんの本心。これは十分丁寧に表現されていて、彼女の不可思議な言動が何故行われたのか見ている側も十分に感心をそそられます。

そしてもう一つは祐巳の心情の変化。これについてはやや大雑把な感じで、ここでも展開を急ぎすぎてメインとなるポイント以外が粗っぽくなってしまっているのを感じます。何しろ、負けるのが目的と言われても見ている側はよく判らない。と言うか、何故負けようとしたのかがこの段階では伏せられている訳で、展開を引っ張るという意味においては有効ですが、エピソードとして一つの結末を求めるのであれば、むしろこの回は祐巳ちゃんをもう少し丁寧に描くべきだったんじゃないかという気がします。

ただし、その選択は非常に巧妙にされていて祐巳ちゃんの選択というのは良くも悪くもシンプルなものになっています。それだけにあまり細かく描くとそのシンプルさがいやらしい方向に見えてしまうという可能性があります。その点瞳子ちゃんに関しては謎の部分を継続させる方向だし、真意自体は答えを出してしまい、その理由を隠すという構成上細かく描いていってもしつこくなる事はありません。

結局、シリーズを考えた時に、尺に合わせて最も適切な表現がされていると言われればその通りという事なのかもしれません。その点手慣れた感じがするなぁと考えると感心してしまったりもします。ただ、駆け足で通り過ぎてしまうのはちょっと勿体ないという感じが原作を読んでいる立場からはしてしまうというのも事実ではあります。
話数的に精算に入ってきました。美咲さんはキャラとして良く画けていて、彼女の感情の動きというのは良く判ったんですが、残念なことに、冬弥くんとのバランスが悪すぎるという感じがします。この手のハーレム系恋愛ものはどうしてもそういう傾向があって、例えばキミキスなんかでもそういう感じがありました。

この作品の場合、そもそも冬弥くんの周りに女性が集ってくる理由が画かれていない状態で、彼が大モテなのは前提ということになっています。結果としてそこが弱点になってしまって話が詰ってしまっているような気がします。

結局誰が最終的に残ったにしても、捨てられたキャラがもったいないなぁというか、説得力が弱いなぁという感じがしてしまうんじゃないかなと言う気がします。女性達は良くできているだけに惜しいよなというのが正直なところです。
微妙な感じの話が連発しました。みかんの話はオチが弱いかなと言う気がします。冬馬の兄弟ネタは結構好きなんですが、今回はちょっと弱いかなという気がします。それはクリスマスネタも同様な感じ。全体的に弱さを感じた回でした。

おまけ扱いの保坂関係が一番面白かったかな。妄想自体は毎度のことなんですが相対的に上がった形でしょうか。悪くないんだけどパンチが無いというのが残念です。一応キーワードを絡めた構成にしてはいるんですが、そこももう一つやりきれていないという感じがします。

全体的にもう少しという感じがずーっと続いていますね。