FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
話自体がナタル中心になっているので、どうしてもバーディーが弱くなってしまっているというのが気になります。更に宇宙人としてのバーディーやナタルの話が主軸になってしまっている為に、ここで地球での生活を持ってこられても浮いてしまっています。勿論ナタルの復讐劇の引き金を引いたのは地球での事件だし、翔子ちゃんはその被害者の一人であるというのは事実なんですが、例えそうだとしても、その二つを結びつけるには弱いというのが実際の処です。

ナタルの正体や行動をバーディーに対して隠し続けていると言う状況が長過ぎのではないかと思います。それ故にそれぞれのキャラやエピソードの繋がりがどうしても薄くなってしまって細切れになっているように感じます。結果としては引っ張り過ぎて失敗というパターンに填っている感じです。

徐々に話数的にも押し迫ってくるし、ここからは一気に加速していくんだとは思います。バーディーとナタルの関係に関しては幼馴染みという設定もあるし、それなりには描かれているので、盛り上がりは見せてくれると思います。ナタルに付いても描写がやや甘いので、その部分をもう少しフォローしてくれるとさらに盛り上がりが増すンじゃないでしょうか。
スポンサーサイト



あぁ結局慶太はスペシャルなんだという設定なんですね。そんな伏線は一応ありましたし、そうじゃないと流石に戦力的に埋まりそうもないと言う部分もあるので、話の展開としてはその方が速いは速いんですが、ちょっと安易かなという気がします。

不穏な雰囲気が感じ取れる沖縄で、クロと慶太が別々に行動しているという時点で謎というか状況を理解していなさ過ぎるという気がします。と言うか、クロはともかく慶太達が何故沖縄に来る必要があったのかと言う部分が今ひとつ謎で、写真の女性が母とは別人であるという事は明白だし、その別人の彼女に何を聞いたとしても何も知らないか、欲しい答えは帰ってこないかの2択でしょう。

実際恐らく当人であろう女性にご対面できた訳ですが、目的を達成しても何も出来ないで居ました。東京が危険だったから逃げようという心理もあったのかもとも思いましたが、その割には不用心だよなぁというのが正直なところ。

話としては考えられていると感じる部分もあるんですが、そういう細かい部分がずさんなので、損しているように感じます。話の構成が先行してしまって、キャラが作り込めていないというのが最大の要因でしょう。キャラを駒として使うと大抵作品に破綻が見えることになるんで、良くないと思うんですけどね。
やっぱりこの作品はワッさんとあやめちゃんで保っているんだってことがよく判る回だったような気がします。いぶきさんに敵わないとコンプレックスを持っているようですが、その筋金入りの素直になれ無さに加えて、それでも周囲からみると考えている事が丸見えというあやめちゃんの愛らしさにはなかなか参ってしまいます。

ワッさんのヘタレっぷりもなかなか板に付いてきて、単なるヘタレと言うだけじゃなくて、不幸の星の下に生まれてきたんじゃないかとも思えるようなツキの無さも絶品です。

現状ではこの二人がずば抜けていて、それ以外のキャラが沈んでしまっている状態というのがちょっと勿体ないという気がしますが、それはこれから盛り上げてくれる事でしょう。よいちの存在も正直よく判らなくなってきていますが、その辺りは何とか魅せ場を作って欲しいものです。