FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
薫の脳に障害がというのはかなり衝撃的な内容だったように思えるのですが、何のことはないさらっと流されてしまいました。ブラックファントムに対する対応に集中する形になっています。旗色を明確にするという分に関しては良い回だったと思います。少なくとも、このシリーズでは薫の判断は両天秤にするしか手がないのは見えているので、パンドラに対しての大義名分をどのように成立させるのかというのが一つのポイントになっています。第三の勢力を立てるというのは悪くない選択でしょう。

ブーストの件も含めて持ち越されてしまうだろうと思われるネタもありそうなのですが、一番重要なのは薫の心情の区切りだと思うので、そこに向けては着々と進行しているなと言う印象があります。長いシリーズと未完の原作という難しい材料ではあるんですが、頑張っているなと思います。
スポンサーサイト



巧い具合にまとめるものだなぁと感心してしまいます。エリンの置かれた状況はかなり深刻になるようなもので、その鬱な部分を丸めつつそれでいて、必要以上に深刻にならない様に納めています。ジョアンの配慮も適切で、エリンが真剣に考えて出した願いに対して、しっかりと受け止めるという形で答えています。

例え相手が大人であったとしても、ちゃんのした考えを持った相手に対して、向き合うことで答えるというのは、大人として必要だと思うんですが、なかなかに出来ないことでもあります。こういう大人がいることで、物語がとても安定します。

エリンの傷については話にとって重要な要素になるはずですが、それをことさらに強調しない表現は上品に感じます。それを前提にした上で彼女がどういう選択をしていくのかこれからの展開が楽しみになりそうです。