FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
鹿島戦は結果を先に見てしまったので、試合を見るのをやめてしまって、見るのは今季初です。攻撃に関しては明らかに昨シーズンとは異なる様子が見られます。エジミウソンが生き生きとしていたのが印象的でした。パスについてもやや危なっかしいところもあって、完璧とは行きませんでしたが、それでも実行上有効な程度に繋がるようになっています。

なんと言っても後ろから前まで目に見えて動きの悪い選手が見あたらなかったという点が特筆できます。左サイドが本職ではない細貝のところがやや穴になっては居ましたが、その分攻撃面に関しては細貝らしさというのを発揮できていました。その辺りはフィンケ監督の妙と言えるかもしれません。

監督采配と言えば選手交代もなかなかに見事でした。高原を出すタイミングも適切だったと思いますし、その原口が抜けて運動量が落ち、やや構成力が甘くなった中盤にカンフル剤を入れるという意味で山田を入れる。3点目が入ると即座に堀之内投入と小気味良い交代でした。

守備面に関してはやや戻りが遅い時があり、鹿島戦ではそれを見事に突かれた形になったのでしょう。流れが悪い時に引きすぎて中盤が間延びするシーンも見られました。4バックの場合、両サイドの判断が重要だし、ポジショニングも重要になると思うんですが、やや絞りすぎてサイドを突かれるという場面も何度かありました。

まだ、実践2戦目ということで、これからも修正が続けられていくんでしょう。最終的に完成形に近づいて行き、最終節の鹿島戦で綺麗に勝利することができるようであれば、今シーズンの結果は良いものになるんじゃないかという気がします。方向自体は正しいと思います。結果が常に良い方向に出続けるとは限りませんが、諦めることなく前進していってくれることを願います。
スポンサーサイト



長らくちょっかいをかけていた連中の正体がようやく正式に出てきました。どんな恨み辛みがあるのかと思ったら、何のことはないいぶきちゃんネタってことのようです。この脱力感がなんともこの作品らしいという感じがします。

偽と言いながらもあやめちゃんの色っぽいシーンも見られたことだし、全体としては面白かったかなと思います。それにしても、あの旅館と言い、精神を逆行させる術と言い、随分と手がこんでいるなぁというか、無駄にこみすぎだろって感じます。その変なギャップもこの作品だとらしいと感じてしまう辺りが、カラーを良く出している証明なんじゃないかと思います。

もう少し周囲のキャラも使ってあげるともっと動きが出るんじゃないかなとは思いますが、全体として纏まっているってことなんでしょうね。
厳しい気もしますが、ギリギリで整合性は保っているかなって感じです。比に関しては、最終的には油断によってやられたというオチは妥当なものだったように思えます。設定に何らかの仕込みがあるというのがチラチラ見えているんですが、それがなんなのかについてはなかなか出してきてくれません。ここまで引っ張ってしまってどうするんだろうかと思っていたら、どうやら2クールの構成のようです。

実際このペースで進行していたのでは、どう見積もっても厳しいと思うので、2クールじゃないとというのはあります。逆に言えば、2クールであるということを考えれば、前半のスローペースも判らないでもないと言う気がします。ちょっと気になるのは、ここまで慶太がこだわってきた母親の件が一応今回で片付いてしまったという点でしょうか。

これを機に彼らの決意が決定するという流れになるんだとは思うし、その為のネタとしては十分な大きさだと思うんですが、結局忍ちゃんたら悪人になりきれない女性だったということで、その部分がややぼやけてしまったような気がします。

ドッペルライナーシステムに限ったことではなく、個々に落として見た時と、俯瞰で見た時では見え方が異なるというのは当然のことで、その片方からの見方で善悪を判断するのはどちらを取るにしても早計だろうと思います。黎真がなんで行動を始めたのかについては恐らくそのうちに語られると思いますが、それに対するにどんなやり方をしてくるのかが楽しみです。出来るならば、個々に執着しすぎない形で来てくれることを期待したいです。