FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
リコ編。妄想の内容は保坂と同じレベルだったりしています。とは言え、そこまで惚れてくれる女の子というのは可愛いもので、保坂が気持ち悪いのとは不公平ではあるけれど相対的と言えます。なんにしても、かわいいは正義ってことなんですね。

おもてなしネタは、どんなオチが待っているんだろうと思っていたんですが、まさか唐辛子風呂とは。それは厳しいに決まってるでしょうねぇ。それにしても入ってすぐに飛び上がるかと思ったら、一瞬普通に入っていたという間がなかなかナイスでした。

ケイコちゃんのリアクションがなかなか良くて、それは前からなんですが、今回は他のテンションが高かったせいか際立っていました。バランスとしてもなかなか秀逸で、1エピソードの長さも適当だったような気がします。
スポンサーサイト



これまた圧倒的かつ決定的な事をしてくれました。これでキーパーソンは確実に反体制に傾く事になるでしょう。真に醜いのは自らが定めた秩序の危険の可能性という単なる憶測で、どんな暴力行為も正当化する連中です。少なくとも奴等に正義があることは絶対になく、むしろ限りなく悪です。勿論、裏で糸を引いている連中は極悪ですが、そういう連中に尻尾を振り、疑いを持つことなく命令を実行に移した奴や、場合によっては移すであろう連中も同罪です。

琳ちゃんは未練が殺したという自己を卑下するような表現をしていましたが、自分の夢に未練を持った程度で人が死んだのではたまりません。問題は常に一つの方向を向いた殻の中に全ての人間を押し込めようと画策する保守的な連中です。彼等の言い分は常に秩序という偽善の厚化粧で塗り固められています。彼等がその戯言を理由に凶行に及ぶ時、必ずいくつもの悪夢が生み出されていきます。

秩序を旗印に動く連中は悪人にしかならない。これはこの世の中で数少ない絶対的な真理だと言っても過言ではないでしょう。
様々な相対するものがひっくり返るという展開になっています。契約僧と屍の関係が今回はひっくり返りました。前回の生者と死者の転換がありましたが、それを踏まえて今回はさらに展開をさせています。これはなかなか見事な構成です。

さらに次回には、正義と悪の転換の可能性が見られますし、縁と呪の転換も出てくるかもしれません。これまでの価値観を完全にひっくり返す展開はなかなか凄まじいものがあります。結局のところ絶対的な価値観など存在しないというのが根底にあります。

問題はそこからさらにどんな結論を導き出すか興味深いところです。なんだかんだで全ての価値観が崩壊するというのは、希望が壊れる事を意味します。そこから新たな希望を何に求めるのか、その手がかりをどう作っていくのかラストが興味深いです。