FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ついに男性キャラ登場です。かなこさんがあの状態なので、これまでは女性に偏る傾向があって、それでも結構楽しく作れていたんですが、当然女性側だけじゃなくて、男性側に対する反応があると、よりバリエーションが付くというのは当然の事です。

それにしても、あそこまで過度に反応されてしまうと、話が作れない状態になってしまいます。今回は神父初登場という事で、彼の妄想を中心になかなか盛り上がりましたが毎度毎度この展開だと疲れてしまう可能性は大きいです。これからどの位の頻度で登場してくるのか判りませんが、折角出てきたキャラなので、少し使ってあげて欲しいなという気がします。

鞠也の方はSというか、悪戯好きという方があっているような気がしてきました。嘘をついてかなこさんを填めるというのが既にお約束になってきていて、その割には鞠也自体が話の中心に来る事がほとんど無いというのがちょっと残念な気がします。とにかくもなんだかんだで同室の関係はそれなりに継続中という感じが良く出ているような気がしました。神父を嫌うかなこさんにしても、鞠也が男だという事は既に受け入れてしまっているような感じがするのがなかなかに楽しいです。
スポンサーサイト
微妙な盛り上がり方と、新展開を見せています。一応決意が決まったという部分に関しては理解できたし、目的が変化してきた部分に関して説得力を持たすことも出来ています。展開を変えつつも全容を明かすことはせずに、話自体の胡散臭さを残している部分に関しても悪くなくて、これ以後に興味を持たせています。

結局零石をどうするとどうなるのかと言う部分がピンと来ない辺りに現実感が無いのが大きな問題になっているように感じます。諸々悲惨な事件も起きていますが、結局それにしても不思議な力が原因というよりも、人間の権力の力という方が大きいように感じられます。そのギャップがなかなか埋まらないというところが違和感を生んでいる要因になっています。

元神霊が力を持っているというのは既に何人も使って表現されていますが、その力が一体何のためにあるのか、そもそも元神霊とはどんな存在なのかというのも未だにグレーです。後半に向けての隠し球にしているという可能性も高いんですが、根幹になるべき設定なので、それが無いことで話が浮いてしまっています。

良い要素は結構あって、話自体も凝っていて面白くなりそうな気配は多くあります。その為に情報を変に隠すのではなくて、適切に開示した方が見ている側からすると話に入りやすくなると思えます。ここから何話かで大きく展開を変えるに応じて情報が出てくるというのも悪くないと思えるので、少し地に足を付けるような流れになればなぁという気がします。
マッチポンプで事件を大きくし、そこでケチらないで誰もが納得いく程度の解決案を提示する。なるほど金持ちというのは、こうやって彼らは権限を大きくして良くということなんでしょうね。その辺り何気ですが、嫌みな感じで巧く作っています。

元々重たい話ではないので、その辺りについてそれ以上の突っ込みは不要でしょうが、敵であるという認識を強化するには適当なやり方なんじゃないかという気がします。

シンプルな構成で白黒はっきりとさせることで、話を見えやすくするのは悪いことじゃないと思います。ここから一気に話を進めていくのが勢いもついて良い感じになるでしょう。単純に楽しめるというのがこの作品には一番だと思います。
さて、この話をどうやって纏めるのか、それ以前にこの話とは何なのか。それがこの最終回で集約される形になっています。結局のところヒロシという存在は単なるきっかけ、あるいは名目でしか無いという存在だったようです。二人の女のなのか、母と娘なのか、その両方なのか、のちょっと大げさに言えば行き方を描いた叙事詩という形式でしょうか。

ラストの纏め方が綺麗で、シルエットだけで表現されていたミチコは変わらずミチコを保っていて、それが許されるギリギリのところに抑えているのがナイスでした。ハッチンの方も、ハッチンらしさを維持しつつ、それでいてミチコの娘であるという部分を加味した形の人生を送っているという納め方も悪くない。

周囲のキャラ達を意味ありげに作って来たものの、それについても完全に脇役として扱ってしまうというやり方で、それと完全に意識させることなくそれでいてただただ二人だけに焦点が当てられたという形になっています。

それが好きか嫌いかはともかく、独創的だと思うし、意欲作だったし、それらについて一定の成果を出したという点については無条件に認められると思います。雰囲気については巧く表現されていたし、未成熟な部分は感じられたものの、投げっぱなし的な作品が多い中で、綺麗に収束したという点についても十分評価できると思います。

こういう作品が出てくるということ自体に意味があるんじゃないかなぁとそんな気がします。