FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
話自体はかなり飛ばし気味に来ているんですが、ここへ来て鬱状態の琳ちゃんを長く描いています。勿論、このシリーズにおいて、琳ちゃんが鬱から躁に転換するタイミングこそが最も重要なポイントである事は明白で、それだけに慎重に描いているというのは判ります。けれど、状況はどんどんと悪化していくものの、彼女の葛藤の要因が今ひとつはっきりと掴めないのが惜しいところです。

だから、彼女が目覚めた時も、過去の台詞がフラッシュバックしていたという以外にこれというとっかかりが無いように感じられる。舞台に出る時の母の言葉がキーワードになっているのかもしれないけれど、それで全部ひっくり返せるようなものなのかがちょっとしっくり来ない。

しょう子ちゃん達にしても散々引っ張ってきて、もう少し何か意味のある役が与えられるのかなと思ったら、最後は存在意義がはっきりしない。すずりちゃんの事件をきっかけにして仲間への意識がという流れなのかもしれないけれど、それを描くには彼等と琳ちゃんの関係が薄すぎます。流れ的には琳ちゃんが魅せられたのはあくまでもライドバックであるという表現が強すぎて、周囲のキャラに光を当てなさすぎたのが敗因だと思います。何せ、部に入ってからレース一回だけですからどうにもこうにもです。

これも1クール構成の悲しさかもしれない。2クールあれば、前半は部活の時間をたっぷりと取って、琳ちゃんに対するライドバック部の面子という関係性をそれなり以上に築けたと思うし、すずりちゃんにしても単なる追っかけ的存在からもう少しランクアップを計れたかもしれない。

この状態なら、GGPに対する怒りの方向か、さもなければ自己嫌悪に押しつぶされるか以外の選択肢というのは実際問題取りにくいです。琳ちゃんに対するきっかけの部分がどうしても弱く感じられて、決心が唐突に来ているように感じられてしまいます。設定や話全体の構成としてはなかなか面白いと思うんですが、シリーズ構成がやや失敗しているという感じがします。ライドバックのアクションや機種をクローズアップしたかったというのもあるのかもしれませんが、尺が足りないように感じられる割に冗長になっている部分も結構ありました。

弟君なんかも完全に使い捨てにされてしまっているので、そのエピソードとかは思い切って切ってしまって他に割り振った方が良かったかなとかそんな気もします。映像表現は美しいし、感情表現も一部では絶賛出来る部分があっただけに惜しいかなという気がします。
スポンサーサイト



設定的には面白いものがありますが、そこからの展開は無理矢理を通り越して無茶苦茶です。相手も随分と感情的ですが、それを相手にする主役側がさらに感情的なので、話として成立していません。それを押し切ってチャンチャンにするんじゃ、何でもアリになってしまいます。

この手の話を展開する場合、多少の無理はあったとしても最終的には理によって正当性を確保しなければなりません。最近その部分を吹っ飛ばして、オレがそう思うからそれが正義だ的なノリの作品が増えています。ガイナックスに至ってはそれしか作れないのではないかと思う程です。

それは、話としては酷く低俗で、どんなに周囲を細々と設定したにせよ、所詮は下賤の戯言にしかなりません。何でもアリですから、話としても低級で、結局これまでの展開は全部ネタでしかないってことになります。完全に予想通りと言えばそうなんですが、評価は最悪という結果が待っていそうです。
しかし、本当に驚くぐらい型にはまった展開をしてくれます。最初は一人ずつのエピソードを作っていって、ラストには一人ずつ減っていく。最後には主役が残って、全てを片付けるという展開になりそうです。

敵側の思惑も難しいことは何もなく、単純に権力欲からというもので、特に捻りもありません。それだけにシンプルで分かり易い。おかげで、勧善懲悪が成立しています。面倒くさい手続きを一切飛び越えて悪い奴と戦う正義のヒーローが演出されています。

話としては、正直チープではありますが、頭を空っぽにして楽しむにはこのくらい単純な方が良いのかもしれません。後は、スカっとラストを片付けて欲しいものです。