FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
実は結構キャラを旨く作れていたので、これで終わってしまうのはちょっと残念という気がしています。女の子の数が多いので、どうしてもそれぞれのキャラの話を作らなくてはならないという宿命があって、その部分にやや贅肉が付いているという気がしなくもないですが、それにしても、旨く作っていたと思います。

最終的に事も無しという結末になるだろうというのは必然的だったので、その点については何も言う事はないんですが、どうせならもう少し色っぽいようなもしくは何か転機になるようなそういうエピソードが欲しかったかなという気がします。流石にこのラストだと普通に来襲もあるんじゃないかという感じがしてしまいます。ラストのオチももう少しという感じがしましたし。

両親が不在という状態ですから、最終的に家族愛と言う方向に振れるのは自然かなという気がします。与一が本気になると何でもアリになる程に強靱と言うのも良いでしょう。問題はそれをどういう形で使うかという周辺になるんですが、その辺の処理が綺麗だったので、見ていて楽しめる作品になっていました。ちょっと食い足りないという気はしますが、良い出来の佳作という感じでしょうか。
スポンサーサイト
ここで黎真を消してしまうとはなかなかに驚愕な展開です。彼の事ですから、これで終わりではないだろうと思いますが、それにしても、例え一時的にしてもボスキャラが消えてしまうというのは予想しませんでした。

とはいえ、胡散臭さは既に以前からあって、蔵木が純粋に黎真の部下として存在していないという振りがされた辺りから何らかの変化は起きるだろうとは思っていました。何にしても敵が圧倒的に強大な状態なので、そのままではどうにもこうにも攻略の使用がありません。それを打開するのに、主役達の力で何かをすると言うのは主体的な方法ですが、それすら及ばないという場合には、相手の都合による変化待つというのも、手段としてはまぁアリかと思います。

その代償もしっかりと支払う形で、シュタイナーが犠牲になりました。その後エクセルさんがどういう選択をするのかというのが興味深いところで、これでお払い箱になってしまうとするなら、キャラがストーリーに振り回されると言う形式って事になるでしょう。彼女のように存在感の強いキャラは出来れば最後まで何らかの存在意義を持って話に関わってきて欲しいです。

次から次へと強大なキャラを出してきてしまったもんで、クロちゃんてばすっかり霞んでしまっています。契約者がサブというのも既に言い訳にならないというのは、黎真がシュタイナーを破った事からも明らかです。そうは言っても主役はクロちゃんな訳で、彼女達が活躍してくれない事には最終的に落ち着かないでしょう。ここからなんらかのパワーアップ策が講じられるんだと思いますが、さてそれがどんなものになるのかも楽しみの一つです。

2クールものらしく、ここまでできっちり折り返すという形を取ってきました。やや怠さや強引さを感じる事もありましたが、ここからの後半戦にそれらにどんな意味を与えられるかがかかっています。是非納得の行く展開を期待したいです。