FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
いつまでも主役がヘタレな状態だとどうしても話の展開が難しくなるので、早い段階で目覚めてくれるというのは歓迎するべき展開でしょう。見ている側としてはコーティカルテが出てきている段階でフォロンは普通ではあり得ないというのは理解できてしまうので、ヘタレモードを引っ張り過ぎる事はマイナス要因でしかありません。

で、実際に言われているようにこれからが始まりという訳で、胡散臭い話も出てきました。世界を救うとか大きく出てきたのはちょっと微妙という気がしますが、学園モノで終わらないというのは期待が持てそうな部分もあります。

音楽を映像で表現するというのは難しい事は確実で、演奏についてどうこうという話を展開するのは非常に難しい。結局の処人間と精霊との関係性と言う部分に話が落ちてしまうのはまぁ仕方ない事かもしれません。だとすると、話としては非常に分かり易く、ある種の勧善懲悪状態になるので単純に楽しめるかという事になってきます。

キャラの数を絞っているので、後は魅力を引き出せるかと言う事になるんだと思いますが、悪くはないものの取り立てて目立った加点も無いというのが現状でしょうか。もう少し何かが欲しいところです。
スポンサーサイト
完全に別個の話が展開されるんじゃないかなと思っていたら、ちゃんと繋がりがあって展開するんですね。その方が折角作ったキャラを使えるので良いんじゃないでしょうか。微エロも健在で前回は中学生だったのが今回は高校生だったので、ボリュームも満点でした。

繋がりの話なので、今回は恋バナではあったものの実質的なものはありませんでした。キャラ紹介に近いものだったでしょうか。今回もキャラの魅力は出ていたと思います。女の子達の可愛らしさがポイントであるというのは構成が変わってもそのままですから、そこはきっちりとやって欲しいです。

当然のことですが、美少女ばかりなのでその娘達がどんどんと表現されていくというのは、単純に見ていても楽しいは楽しいです。そこにどの程度の+αを足し込めるかですね。今のところ良い感じです。