FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
致命的な欠点が無い割にそこはかとなく漂うB級感は一体何なんでしょうか。まずは、なんと言っても世界観が全く理解不能であるという事。とりあえず、今回まで描ききってしまいたかったという構成なのかもしれませんが、個々まで見てきても摩訶不思議な事は次々と出てきたし、それは今回も引き続いているんですが、それを理解する為の情報というのは全くと言って良い程出てきていない。

普通さわりと言っても片鱗くらいは見えるものなんですが、そういうものが全く見えない。それがなし崩し感を煽ってしまって、興味を引く前に、大丈夫なのかという不安を煽ります。キャラの言動が微妙に軽くて、かつ不明瞭というのもあります。ただ、少なくとも主人公にについては、真っ当な人間として反応しているので、それは思い過ごしなのかもしれません。

と言うか、ここまでの懸念の全てが杞憂と言う事もあるんですが、どうにも印象がよろしくない。演出なのかもしれないけれど、少なくとも僕に対しては掴みは失敗という気がします。まぁまだまだそれこそ序盤なので、挽回のチャンスはまだまだありますが。
スポンサーサイト
戦術モノとして結構きっちりと基本に忠実な作りをしています。新米隊長に反抗的なベテラン隊員という構図も典型的です。面白みには欠けますが、その分手堅い構成になります。とりあえず、設定が落ち着くまでの間はこういう話で進めて行くのが無難かもしれません。

時代設定が絶妙というか、硬直した思考に対して別の視点を取り入れるだけで、戦闘であり得ないような程の勝利を勝ち取れるというのは、ある意味幸せな時代かもしれません。残念ながら現在ではそこまで甘いことはそうそう無いでしょうから。

できればその間にキャラの関係性を構築できればその方が後々有効でしょう。逆に何気に終わらせてしまうと無駄に話数を費やすことになってしまうのでそうならないことを期待したいです。比較的丁寧に描かれているし、今のところ順調に進行しているんで、思っていた以上に良作になるかもしれません。