FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
設定が曖昧なままにファンタジー学園ものに突入しています。女の娘キャラも多いし、そういう選択もアリかなと思いますが、しっくりこないというのもまた事実です。どうも、戦闘メインな話では無いようで、あくまでも悪魔との関わり方に重心が置かれた話が展開されていますが、あれだけメカメカしいものを出しているので、ある程度はバトル的な要素が入ってくるのは避けられないんじゃないかという気がします。

あれだけのロボ娘を作れる割には、その他の部分にその科学力を感じさせる要素が皆無だとか細かく見出せばかなりずさんな設定ではあります。面白ければいいじゃないかは正解なんですが、そこまでやっている割には盛り上がりももう一つという気がしてならない。

どうにも掴み所に困るというのは初回からここまでずーっと続いている状態で、それを打開しないことにはなんともならないんじゃないかなぁと言う気がします。設定を不必要に隠すというのはあまり意味の無い事だと思うんですが、今期はそういう傾向の作品が多いです。その中でも一番失敗している側に位置しています。思い切った展開が望まれますね。
スポンサーサイト



色々なところが微妙な感じ。学園長の思惑がどんなものだったのか。コーティが同名の別人では無いと判断した根拠も良く判らない。そういう部分にややずさんなものを感じますが、このままだと風変わりな学園モノになりかねないところでしたから、変化自体は歓迎できるものです。

さて、なんとも微妙な感じがあって、フォロンがヘタレた状態ではどうにも話を展開させようがないでしょう。話を小さく纏めるのか、それとも大きく膨らませるのか、判りませんがどちらにしてもフォロンがキーにならなければならないはずで、それに値するようなポジションを獲得して欲しいです。

そうなるためには結構ハードルが高そうですが、できれば頑張って欲しいです。
美女と野獣の取り合わせというのは、意外に多かったりしますが、それってこういう関係から出来上がるんじゃないかと思ったりしました。等身大で気取らずに描いているので、見た目よりもリアル感があったりします。

ともかくも女の子達がてんこ盛りで、その女の子達の会話が楽しめるというのもこの作品の魅力の一つなんじゃないかと思います。その会話も妙にリアルで、彼女達ってのは普段こんな会話をしているのかと妙に関心してしまったりしています。

それぞれのエピソードが繋がっているような繋がっていないような微妙なポジションだし、恋にしても微妙な感じなんで、もう少し突っ込んだ話も欲しいところです。甘い感じは出ていますけど、もう少し切ない感じが欲しいかな。でも、まだまだキャラが出きっていないような状態だから、少なくとももう少しはこんな感じで続くのかもしれません。まぁ微笑ましい感じも悪くないかもしれません。
ほのぼのとした少女の成長物語と、殺伐とした戦争や政争の物語という二面性がある作品で、今のところその二つの接触は最小限であるし、バランスもアンバランスになっています。これまでは、エリンが田舎に引っ込んでいたし、そもそもまた小さい少女だったということもあったんでしょうが、それらの条件が変化してきたので、段々と話の方向が変わってくるのかもしれません。

とは言いながらも、まだそれらがどう関わってくるのかは全く見えてきていません。そんな中で、次回は真王の暗殺事件となると一気に話が展開するのかもしれません。何話で構成されて居るのか判りませんけど、そろそろ大きな展開があっても良い時期かなと思います。