FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
久しぶりにスタジアムで観戦。さすがに全体を見るのは見やすかったです。印象はテレビ放送で見ている時とそれ程変わらない感じ。中盤の守備に関しては良くなっているので、危ないと言うシーンはほとんど作られませんでした。その点については評価できると思っていますが、攻撃面についてはまだまだというか、形作りの点では厳しい状態。

サイドが使えない状態なのが一番の課題。早い時間に投入された高原もその後入った三都主もほとんど生かせないまま終わってしまいました。サイドに深く切れ込むようなアタックはほとんどないまま。それで決定機も作れない状態で打開策を打ち出せないままなので点を取れる気配が感じられない。

途中で相手が10人になったこともあり、ポゼッションは出来るのですが、パスの出し先はほぼ全部足下なので、パスの数の割に速度感が無い。結局突破口を見いだせないまま回し続けるかインターセプトされるかということになっています。もっと攻撃力があるチームや、ワンチャンスを得点されてしまった時など、負けないまでも勝つというのは厳しいだろうという感じが強くしました。

エジミウソンも原口も高原も達也もポストプレーはそれ程得意としていない。中盤で溜めてスペースへというのが基本的な使い方。阿部や闘莉王も居るからサイドからのセンタリングも悪くない。ルーズを啓太やW山田、細貝らのミドルというのも強みになるでしょう。何れにしても攻撃パターンをもう少し増やすことと、パスに関しても足下だけでなくもう少しバリエーションが居るでしょう。

もっとエキサイティングな試合を見せて貰えることを願いたいです。
スポンサーサイト



テラという精神的なものを媒介にしている以上、クロが強化したというのはまぁ許せる。けれど、社会レベルの変革に対して、個人レベルの生死で語るのは、矮小化も良いところで、比較対象としては全くもって不適当。社会の変革を目指すのに傷が必要という話だったのに、今現在の自分の境遇を持ち出すというのも全然レイヤーが違う話。こういう話の次元のすり替えは、偽善的な方向に話を持って行く場合の技術として良くあるけれど、レベルとしてはお粗末。

結局、普通のサブではどうにもならないというのは、今回で証明されてしまった訳なんですが、伊吹はスペシャルといういわば反則技で話は続行されます。詰まるところ伊吹の存在というのは、システムに対するイレギュラーとしての存在意義がある訳で、逆に言えば、そういう変異体で社会を改変するという手法は確かに存在します。

しかしながら、現実問題として考えると、確率的に変異体に希望を託すというのは分の悪すぎるギャンブルで、到底肯定できるようなものではないし、それに頼るというのは偶然に頼るということで、そもそも人間の意志を否定する行為だ。

というか、倉木にしてもあの状態でサシないしはそれに近い勝負をする必要性はまるで無いはず。蔵木程に賢い人間ならそんなことは当然理解できるはずなのに、それをしないという時点で話としては破綻しています。

まぁ相手を蔵木なり魁音寺なりからドッペルライナーシステム自体に切り替えたというのは正解。というか、それ以外には手がないでしょうから必然。ただし、現状の前提条件を壊すということは、秩序の破壊を意味するはずで、ドッペルライナーシステムを否定したにも関わらず軟着陸という選択は恐らく無理が出るんじゃないかという気がします。つまり、やり方変われども秩序を再構築するためには現状の破壊がまず必要になるし、それには痛みが伴うという事実を無視することは出来ない。それは伊吹が恐らく求めているものとは異なるものなんじゃないかという気がしますが、さてこの絶対的な矛盾をどうやって吸収するつもりなのか。これまでの流れを見るとインチキ技を使う可能性が高いですが、一応様子を見てみたいと思います。
いい! さわちゃん最高っす。女の子っぽさと天然っぽさと暴走と計算とが絶妙に混ぜ合わされたそのキャラは、さすが現役女子高生とは一味も二味も違う深みがあります(笑) 彼女の存在によってかなーりの無理でも通す事ができるという設定上の準備も万端です。

それにしても唯ちゃんてば、前回一応特殊能力の片鱗を見せてくれた訳ですが、そこから僅かな時間の間にあそこまで弾けるようになってしまって良いんでしょうか? 普通に考えれば半年程度で人様に聴かせられるような演奏が出来るとは到底思えません。まぁ彼女が弾けるようにならないといつまで経っても話が進んでいかないので、そこはもう特殊な才能があったという話にするしかないのでしょうが。

で、文化祭と言えば文化系クラブの一番のピークだと思うんですが、そこをラストにしないで、中間に下というのはなかなか立派な覚悟です。まぁ学生さんの場合、学園祭以外でもイベント設定は幾らでも出来るでしょうから、あまり深く考えなくても良いのかもしれませんけど。それでもまぁ構成としては綺麗です。

4コマベースでよくここまでキャラを作り込めているなと感心します。同じ系統のひだまりスケッチとは異なる手法ですが、こちらの方が純粋にキャラを描くという手法ですね。巧いです。何冊も続いているノベルを原作にしてもまともにキャラが作れないという作品もある中で、それだけでも十分に立派なもんでしょう。そもそもアニメーションの技術としては高い能力があるので、変に凝らないでこういう素直でストレートな話をキャラ中心に魅力的に描いた方が良い作品が出来上がります。中身なんて無い方が良い。つまり萌え作品を作らせると究極の萌えアニメを作り上げることができる。それが京アニという会社って事なんでしょうね。それ以外を作ろうとすると必ず失敗するという難はありますが…
ふざけた話と言えばその通りでしょうね。12人の人間に100億もの金を一方的に渡し、サポート付きで自由に使わせる。勝負に負けたものやルール違反を犯したものは即切り捨てという徹底ぶりです。

普通に考えるなら、100億を12人ですから1200億。それを自分で使い、ハンターのような強制力を操れば自らが救世主になれるんじゃないかという気がする。それだけの資本力と、それを維持管理運営していくだけの組織力。そしてハンターは殺人を強要している訳だから、少なくともその人物には絶大な影響力を持っているという事になります。それだけの人物であればセレゾンなど必要ないのではないだろうか。

そうしないというからにはそこには何らかの理由があるはず。例えば、事故や病気によって自分の身体が動かせないとか、そもそも身体がないつまり幽霊とかAIとか過去の意志とか。詰まるところ自らが現実社会と接点を持つ事が出来ない何かしらの理由がある為に代理人を立てたと考えるのが自然かもしれない。

結局あるのは金とシステムだけ。今のところそれだけしか見えていません。システムなんてものは金さえあればなんとでもなる。じゃあ金はというと、それも考えようで、1000億と言っても10億人が100円を払えば良い。1億人が1000円だって良い。ある種の能力と時間さえあればそれは可能だろうし、元手が貯まればそれを元金として増やす事も出来るでしょう。実際銀行屋や政治屋、糞役人に宗教とぜーんぶそうやって金を集めている訳です。だから脳みそだけあればその程度はどうとでもなるし、プログラムでもなんなら本の一冊、手紙の一通でも可能でしょう。

勿論これは、本当に日本を救いたいと考えているということを前提とした場合。単にゲームとして面白がっているという可能性もあります。その場合金持ちの道楽って事になって、キャラ達はそれに強制的に付き合わされている家畜に成り下がるので、もう一つ面白味に欠けますが。

さて、このふざけたゲームに参加出来るとしたらどうするか。多分自分なら参加するでしょう。そして、今回の?5のように勝ち負けは二の次にして自分のやりたいと思っている理想に100億を突っ込むでしょう。結果どうなるかわかりませんが、そんなことはこんなチャンスでもなければそうそう実現できません。100億という金額は庶民にとってはそれほど現実味が無い金額と言う事でしょう。

さて、状況としてはそれとして、それに滝沢の過去がどう絡んでくるのか。彼が記憶を消した理由はなんなのか。更には咲ちゃんてばどうやって話に絡んでくるのか。その辺が見えてこない。状況は毎回徐々に提示されてきているんだけど、進むにつれてキャラクターとの乖離がどんどん進行して言っているようにすら感じます。何処かのタイミングでこれを一気に詰める為の仕掛けが発動するんだと思うんですが、それがどんなものなのかすら見当が付きません。

なかなか壮大な仕掛けで動いています。今のところ破綻は見受けられないし、情報の提示も必要十分な量になっています。構成としては絶品ですね。当面は目を離せなさそうです。