FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
やはり、コンビネーションは川崎の方が1枚も2枚も上手だという感じを強く受ける試合でした。しかもポンテが居なくなって、相当嫌な予感がしたんですが、やはりその通りでした。ポンテが居ない為にいつもの攻撃が出来ない。前からの守備が効いていたのがこれまでなんですが、川崎のスピードとコンビネーションだと完全に潰すことは出来ず、そこから得点を許す結果になってしまいました。

結局流れの中で得点に繋がるようなシーンはほとんど作れない状態は今日の試合でした。セットプレーからの得点で勝ってきたというのはこれまでも何回か見られたんですが、それを守りきれないとこういう試合になります。

先行されて前がかりになってそれで点が取れれば良いんですが、それで取れないとカウンターが怖くなります。やはり、そろそろ攻撃をどうするのかという部分のテコ入れが必要になって来ているのかもしれません。現在の状態でもそこそこの成績は残せると思いますが、いよいよという試合を勝てるかどうかというのが、優勝争いをするような状態では必要になります。それには攻撃力の底上げが必要でしょう。

ポンテが優秀なのは確実なんですが、彼の代わりが居ないというのが去年からの課題。梅崎に期待したいところなんですが、怪我で居ない。山田直は悪くないけれど、やはりタイプが違い過ぎるのか、溜めることが出来ない。当然エスクデロでは代役などは務まらない。攻撃的中盤の要だけに、そこは早い段階で埋められないと厳しいでしょう。

今日の試合は、現在の浦和の欠点がモロに出たという感じがします。それを克服できるかどうか
がここから試されるところだと思います。
スポンサーサイト



麻雀ネタは無かった事にしてヒナギク一直線。まりあさん付きの方が話が麗しいというのはその通りかもしれない。テンポ的にもそちらの方がアニメ的には有利かもしれない。と言う事は、次回は突っ込み満載のヒナギクとのラブラブお料理ネタが待っているのか。それはそれでアリだな。

原作にもそういう傾向があるんだけど、どうしても話が進むにつれて、ナギの存在が難しくなっていってます。キャラが次々と出てくる関係上仕方ない部分もあるし、前回ナギ関係のネタは結構使ってしまったと言うのもあるのかもしれないけれど、頑張って欲しいところ。

西沢ネタも含めて、ハヤテハーレム路線で行こうと言う魂胆なのかもしれません。まぁそれはそれでという感じもしますが。とりあえずこれまでのところは無難に仕上げているなという印象を受けます。
ドッペルライナーシステムというのはこの作品のキモであり、かつ最も非現実的で突飛な設定でもあります。更にストーリーとして、そのシステムそのものを破壊するしかないという方向に進んでいて、それだけにこれを如何に成立させ、そして破壊するかが鍵になっていたんですが、言うに事欠いて神様の呪いと来ました。

終わった全てがって印象が強いです。アニメーションなんてものは、多かれ少なかれ作り話ですから、どうしても非現実的な部分が残るのは仕方ないし、そもそも元神霊という存在そのものがあり得ないと言えばその通りなんですが、それでも許せる範囲のバランスを取りながら進行するというのがお約束だと思うんですが、それをあっさりと踏み越えてしまっています。

今回で言えば、予想が出来た事とはいえ黎真がなんで生きていて、しかもそこに表れたのかというもう一つ大きな理不尽があるんですが、そんなものどうでもいいやと思える程、このドッペルライナー呪いネタは衝撃的でした。もし、世界に対してこれだけの影響力を与える事ができるような呪いを成立できるような神様を認めたら、そりゃぁなんでもアリだわな。何でもアリが許されると言う時点で、ストーリーを追うことは無意味ってことだし、となればキャラがどうとかも全部無意味って事ですよ。よくもまぁこれまで自分達が作ってきたものを全部無意味にしてしまうような設定を考えたものです。

まぁそれは嘘だよーん、とかってオチが待っているのかもしれませんが。ともかく現段階ではガックシです。