FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
紳士というだけあってか、みんなそれぞれの過去に粋な感じがあります。そして、彼らはそれでも基本的には落ち着いていて安定している。だから相当なエピソードがあっても、話が暴れないし、むしろそれがキャラに対する深みになっています。

キャラが安定しているから物語をあそこまでスローに展開させても作品が揺らがない。ゆっくりとした動きは、足腰がしっかりしていないと出来ないものです。自らの良いところを最大に生かす形になっていて、作品全体の雰囲気を形成しています。

今のところキャラのバックボーンを一人ずつ描くことをベースにしながら、キャラの相関関係を築いて行ってます。ここまでは万事巧くやっているという印象です。一巡してからどんな話を持ってくるのかとても興味深いです。
スポンサーサイト



鳳と凰で分けた訳ですが、さてメス側はどう出てくるかというのがお楽しみです。神様という割に力があるような無いような微妙な感じになっていますので、半ばギャグになっています。とは言ったものの、カラスの大群に襲われたらやっぱりかなり怖いだろうな。動物が本気になったら生身の人間なんか一撃でしょうから。

基本的な能力に絶対的な差があって、それを智恵で埋めてきたというのが実際の自然との関わり方だった訳ですが、自然を征服するという考え方自体はそれ程古いものではないので、共存という考え方は日本では特に成立しやすいでしょう。

そういう意味ではあまり無理をしなくても話を展開する事が出来る訳で、それだけに逆に弱くなってしまって色恋関係を絡めるという方向にしているようにも見えます。まぁどちらが主でどちらが従なのかというのは微妙なところではありますが。

ましろちゃんのロリも可愛いんですが、ロリは他にも居るので、ちょっと色気が足りない感じになってしまいます。話を進行させる為にも彼女はすぐに元に戻ると思います。やっぱり妙齢のけもみみの方が見栄えがするような気がしますね。